星の降る夜に

作者 黒井羊太

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

正直、設定やストーリーは「あぁ、よくある感じだな」と思ってしまったのですが、そこにある風景や感情を自分なりの表現ですごく丁寧に描こうとしているのが伝わってきて、好感が持てました。
個性を出すというのは、実はとても難しいことなのだと思います。
ふたりには幸せになってもらいたいです。

★★ Very Good!!

ベタ中のベタ、隕石で人類滅亡系恋愛ですねww
それでも、その語りは絶妙で、二人の他愛ない掛け合いを引き立てています。
少しネタバレになってしまいますが、最後、例の言葉を言う瞬間に衝突して言ったのか言ってないのか分からない……という方がロマンチックな気がしました(これもかなりベタですが)。

あ、あと、隕石が見えてから衝突するまでそんなに時間あるのかな?とは思いました(^^;)

★★★ Excellent!!!

ネタバレを含みます。ご注意下さい。
良い話でしたが、うがったレビューを。

わたわたとする男性と、すべてを見通して余裕のある女性の話でしょう。お互いに素直になれない、という点では共通しているのかもしれません。女性から先に言っても良いのですから。女性の力によって、男性がしっかりする話と見るのが良いのでしょうか。覚悟を決めて、えいやっとやらないといけないときがあるものです。相手との関係を、関係から生じたものを引き受ける覚悟でしょうか。女性が男性を世話する構造から、今後どう展開するのか、主人公の男性の成長に期待しましょう。女性の見る悲しさには、男性の楽観的?、能天気?な面がよく合うのかもしれません。

絵になる話でした。