異世界転生、禁止

 6月1日からNOVEL0の小説コンテストが始まりますね。

 「異世界転生以外ならオールジャンルOK」やはりこのコンテストの注目すべき点はここです。わざわざこう言わなければいけないほど、転生物が多すぎるということでしょうか。流行っているものを初めから除外するのは、このレーベルのカラー的にはそういうものを求めていないということでしょうね。


 ところでこの応募要項を見て誰もが思うこと、それは「異世界転生がダメなら異世界転移ならいいのか?」でしょう。読者選考がある以上、読者に人気のあるものを書かなくてはいけないと思う方が多いことが予想されます。ただ、NOVEL0の刊行作品を見ている限りでは転生・転移という文字列の入っているものはひとつもなく、ハーレムやチートといった言葉もどこにも見当たりません。

 これは実質的に異世界テンプレ系とは異なる作品を求めているということではないかと思うのですが、読者選考があるのでやはりテンプレを意識せざるを得ず、結果としてこのレーベルのカラーとは異なる作品が多く集まることになるのではないかと予想しています。


 異世界転生・転移物が多すぎる。もうさんざん言われていることですし、そう思っている方も多いでしょうが、それでもそうした作品がたくさん供給されてくるのは、結局ウェブではこれが一番強いからです。NOVEL0のコンテストでは読者選考で上位となった作品と編集部のピックアップした作品が大賞の選考対象となるそうですが、編集部のピックアップがあるのは読者選考だけだと結局異世界テンプレ作品が強くなり、このレーベルのカラーと合わなくなる可能性を見越してのことでしょうか。


 読者選考ではやはりウェブで受ける作風のものが上位にランクインするでしょうから、このコンテストに関しては編集部のピックアップに注目したいと思います。☆の少ない作品でも最終選考に選ばれる可能性があるのなら、ウェブ受けする作風でない作者にもチャンスが出てきます。このコンテストが埋もれた作品に光の当たる一つのきっかけになることを期待しています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る