世界一甘い生クリーム

作者 まごにゃんこ@調整中

67

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

カフェに入店したときの、憧れのシチュエーションとでもいいましょうか。色々と言葉足らずな先輩と、甘いもの大好き乙女な後輩。
彼らの甘くとろけるような駆け引きをご覧ください。

★★★ Excellent!!!

――

あまーーーーい!! まごにゃんさん、甘いよ甘すぎるよー(懐)

読んできたウマ恋コンテストの短編でトップクラスの甘さです。生クリームにシロップにシュガーパウダーがかかってるんじゃないかという甘さです。

後輩ちゃんの可愛さとキスの描写の上手さが相まって相まって甘さマシマシでした。

ごちそうさまでした。

★★★ Excellent!!!

――

何作か読ませて頂いているのですが、作者様のキスの描写は反則です。ずっと読んでいたくなる、甘くて幸せなひと時。それを書かせたらトップクラス。

今回は始めから終わりまで、糖度高めのカロリー高め。オチまで含めて、胸焼けしそうな色恋スイーツ。ごちそうさまでした!

★★★ Excellent!!!

――

 爽やか元気系あざとい女子!
 こんな後輩に、世話を焼かれたい、お菓子を焼きたい、あーんして、あーんされたい!

 恋と甘味のストーリーは、甘さの相性も良く、ほろりと苦いアクセントも効いていて、全体を引き締めておりますね。

 食後のデザート、別腹にこちらの作品を召し上がれ。

 私には甘すぎる、珈琲ひとつ、もらおうか。