テイルズ・オブ・西野

作者 金髪ロリ文庫(ぶんころり)

6,359

2,199人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なろうでいい作品に会えなくなり始めて来たのでこちらに移住

ランキングからレビューを見ながら作品を探しているとふと開いた作品は星3絶賛レビューの嵐。すごいなと思いながら作者をみた瞬間「アンタかい!」

なろうの方の田中さんも人を選ぶが面白かったので是非。ただアニメ化はしないでくれ、頼むから(賛辞)

★★★ Excellent!!!

主人公が良くあるラノベのフツメン(自称)では無く
どうしようも無く普通の顔面である為に生じる周囲の風当たりや空気が絶妙にアクセントを加えている。
正直カクヨムの作品の中では一番面白いと個人的には思います。
但し割と直球な下ネタが若干見受けられるので、そこは人を選ぶのかなと。
キャラが一人ひとり立っており、個性的過ぎてそれも目新しいなと思いました。
総じて最高です。続きお待ちしております!

★★★ Excellent!!!

気付けばするする次を読んでしまうくらい面白い。
ほとんどのライトノベルの主流である『主人公がイケメン』という部分を完全に捨てていて、それを貫いているのがいい。
そんな容姿に優れない主人公がハードボイルドをやろうとする様がしっかりギャグになっている。
早く次が読みたくなる。

★★★ Excellent!!!

今読んでいる中でダントツに面白いと思います。ダンディズムに憧れる気持ちはよくわかるけど、それを現代の学校に持ってくると(特にフツメンでは)こうなるのかぁというね。それでも頑張って頑なに生き方を変えないフツメンはカッコイイ。あと地の文さんのふざけ具合が読んでいて苦にならないので三人称小説苦手な人オススメです。




竹内くん1は……体液かぁ。これがホントの腹上死。

★★★ Excellent!!!

ネット小説のレビューでよく見かけるストーリが面白いだのキャラが個性的だのという表現だけではこの作者さんのすごさは伝え切れない.作者をわからなくしてランダムにテキストを投げてくれても

"あ,これはこの作者さんが書いた文章だな"

とわかるくらい自分のスタイルが確立している.なんてことない場面の描写も色鮮やかく登場人物たちの気持ちや心情が手にとるようにつたわる.素晴らしいワーディングもこれに一助する.
別作品の田中のアトリエでの主人公の特定層の女性に対する執着や変態性が好不好を生み出したに比べて当作品の西野の悩みはより共感し易く舞台が現代学院であることも手伝いまた違った読者達を引き寄せる魅力がある.
日本人では無い自分にも日本語の味が伝わるすごい作品だと思う.

★★★ Excellent!!!

 容姿に優れない者が、格好つけてロックに生きている様。
 てんで上手くいかず。一部の例外を除き、排斥されていく彼。西野くん。
 傍から見れば滑稽かつ無様で、間の抜けた道化とうざがられる男だ。
 だが、どうだろう。

 彼には力がある。常軌を逸した、超能力を有している。作中でも、ただ一人隔絶した戦闘能力を持っているのだ。
 そんな彼が、弱者との絆を大切にしている。
 自らが、格好良いと思った道を突き抜けている。

 娯楽として、大いに楽しませてもらいました。
 何度、西野くんかっけぇえ!! と思ったことか。
 一部過激な下ネタがありますが、そういうのも楽しめる人は、是非ともよんでいただきたい。
 そうして、読み進めていく内に、やはりこの結論に至ると思います。
 ーー西野くん格好良すぎるだろ!! と。
 

★★★ Excellent!!!

頑ななまでのフツメン描写がさらに物語を面白くしていると感じました。たしかに西野はフツメンかもしれないけれど、そんな西野にも惚れちゃう人がいるというのは見てて暖かくなります。あと、詳しいことはネタバレ等への配慮から書けませんが、ローズの言動には毎回驚かされます。
また、遅くなりましたが書籍化おめでとうございます。続きを楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

こっちの方がふるいはずだけど、あえてわかりやすくいうなら

師匠に出会えなかったモブが厨二に目覚めた。

かな。
モブってのはモブサイコの主人公のことです。
そしてヒロインはだいたいヒドイン。

でも、いまやっと西野にもある意味お似合いの彼女が……??

いやまあ、悲しみを背負うことになりそうだけどさ。

★★★ Excellent!!!

非常にクセが強い作品であるため好き嫌いが別れるとは思いますが、ハマる人は病みつきになってしまうような魅力と中毒性があります!

毎回の更新毎に次回が読みたくなるのは勿論、更新がない週でもたまに読み返したくなったりすること間違いなし!

主人公は最強ですが、フツメンという容姿評価のため、カッコつけてシニカルに決めても締まらない上にウザがられます。
しかし少なくとも内面はハードボイルドだし、思いやりもあり、一般高校生男子のような面もある面白い奴です。少しずつ周囲の評価が変わって行くのも、この作品の面白い点の一つです。

下ネタが苦手な人や、電車などで読むことが多い人は注意が必要ですが、そうでなければ読んで損は無い作品です!

★★★ Excellent!!!

 と書きましたが西野の中身は立派なハードボイルドの精神なんですよ(×拗らせた童貞)。

 顔面偏差値が低いがために訪れる不幸も硬強メンタルでカバーとかある意味カッコいい。
 下ネタもツッコミも辛口ではありますがそこが飲み込めるならハマること間違いなしの作品です。