こはんで下り最速のフレンズ

無謀庵

こはんで下り最速のフレンズ

 セルリアン問題も片付いて、平和なこはん。


 ビーバーの家は、建屋も家具や設備も、すべてできあがってしまった。

 そろそろ、次のものづくりに挑戦する時期だ。

 ビーバーは考える。形を見たことのあるものなら、なんとなく作り方はわかる。しかし、まったく見たこともないものは、ちょっと無理だ。なら何があるだろう。

「あ……そうっす、バス、みたいなものなら作れるかもしれないっすね」


 さすがビーバー、バスの最も重要な部品に気がついていた。

 車輪である。

 材木からきれいな長い丸棒を作り、その両端に大きな丸板を取り付ける。これをふたつ、フレンズひとりが収まる程度の箱に取り付けた。


「おおおお! これはバスでありますか!?」

「ちょっと違うっすけど、似たものっす」

 出来上がった乗り物に、さっそくプレーリードッグは興味津々。

「どうすればバス殿は動くでありますか!?」

「これだけでは動かないっすから……誰かに押してもらうか、丘の上に持っていって、坂を下りるしかないっすね」

 さすがに動力機関は、ビーバーにもわからなかったし、木製では無理だ。


 さっそく坂の上まで押して行った。車輪が転がるから、思ったほど辛くない。

 そしてプレーリードッグが乗り込んで、ビーバーが下り坂へ押し出す。

「おおお、走らなくても進むであります!」

 景色が流れていく。加速がつく。

 全力疾走のスピードを超え、顔に当たる風が心を興奮させる。

「たーのしーであります!」

 そして湖畔の下り坂、当然その先にあるのは。

「あ! 池であります! これどうやって止まるんでありますか!?」

 その機能はない。

 乗り物は一直線に池に突っ込み、水の抵抗で急停止。そしてプレーリードッグは放り出されて空を飛び、どぼん。

「あああああ大変っす」

 ビーバーが救助に走る。



「止まれない乗り物は危なかったっすね……申し訳ないっす」

「いえっ、バス殿には大変楽しい何かを感じるであります! ぜひ改良してほしいであります!」

「そうっすね……」


 車輪の構造を考え直す。

 回っている車輪に別の板を押し付ければ、回るのを遅くしたり、止めたりできそうだ。

 それと、右と左の車輪を切り離して、別々に回るようにしよう。片方だけ板を当てて遅くすれば、進む向きが変わるはず。


 さっそく改良を加えて、再び坂の上。

「さすがビーバー殿のアイディアであります! いざ突撃であります!」

「気をつけていくっすよ」

 下り坂に向けて、ビーバーがそっと乗り物を押し出す。

 プレーリードッグは、ブレーキと方向転換を試しながら走っていく。ビーバーの設計通りに、減速しつつ向きを変え、操縦可能な乗り物になってはいる。だが、

「……ああ、ダメっすよ、それじゃひっくり返るっす」

 プレーリードッグは前輪でブレーキを使っていて、しかもスピードを出しているから、減速するたびに後輪が浮いている。見ているビーバーには恐ろしくて仕方ない。

「うぉおお! このスピードとスリルがたまらんであります! バス殿最高であります!」

 違う世界の扉を開きかけているプレーリードッグは、再び池に突っ込んでいく。

 だがしかし、今度はブレーキがある。。

 水際ぎりぎりで、両手を使って両前輪に、思い切り板を押し付けた。

「わあああああ!?」

 急停止した前輪を軸にして、乗り物が前のめりに半回転。プレーリードッグは放り出されて空を飛び、どぼん。

「あああああ大変っす」

 ビーバーが救助に走る。



「バス殿は完璧であります! 私の乗り方が悪いんであります! もっと練習するであります!」

 と言い張るプレーリードッグを、渋々ながら、ビーバーは坂の上から押し出す。

「さっき気付いた技であります!」

 十分速度が乗ったところで、前輪のブレーキをかけて後輪を浮かせる。すぐに左前輪のブレーキを離し、右前輪のブレーキを強くする。

「ぐるん! であります!」

 乗り物は、右前輪を軸に、後輪で地面にがりがりと半円を描いて、180度向きを変えた。スピンターンだ。

 坂の上で見ているビーバーも、「す、すごいっすね!」と驚く妙技だった。

「……お? あっあっ、いかんであります、後ろ向きに走ってるであります!」

 前後逆になった乗り物は、重力に引かれて後ろ向きに加速していく。プレーリードッグは、背中向きに走るという未知の恐怖体験にパニックに陥り、なにもできない。

 乗り物は逆走しながら池に突っ込み、プレーリードッグは放り出されて空を飛び、どぼん。

「あああああ大変っす」

 ビーバーが救助に走る。


 池に浮かんでいるプレーリードッグを、ハシビロコウが舞い降りて拾い上げてくれた。

「さっきから見てたけど、何を作ったの? 空を飛ぶ乗り物?」

 池に突っ込んでは空中に放り出されて落ちる、と何度もやっている様子は、ハシビロコウから見るとそう思えた。



「危険だからフレンズが乗るのは禁止っす」

「ええー、スピードとスリルがー」

「見てるだけでスリルありすぎっす……」

 話しながらふたりは、細長い木の角棒に、乗り物の車輪が入るくらいの溝を掘ったものを量産している。

「それで、今度はなんでありますか?」

「この長い木を地面に並べて、この溝の上だけ乗り物が動くようにするっす。そうしたら、池に突っ込んだり、木とか岩にぶつかったりしないっすから」

 つまりレール式への切り替えだ。

「でも、この木を並べたところまでしか行けなくなるでありますが」

「針葉樹林まで並べるっす。切った木を乗せて押したら、楽に運べるっすよ」

「なるほどであります!」

 木材はいくらでもほしいが、離れたところから運ぶのは大変だ。これを使えば、ずっと楽になる。


 火、刃物、電気、そして車輪、テクノロジーは便利だが、使い方を誤れば危険。

 エンジニアとして大切なことに気付いたビーバーであった。


「では丘の上からも溝を敷くであります!」

「それは即撤去っすよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

こはんで下り最速のフレンズ 無謀庵 @mubouan

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!