図書室の一コマ 〜一コマシリーズ2

作者 阪木洋一

86

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

同作者様の別作品が好きなので、こちらも読んでみました。
因みに、敢えて『ささやかな一コマ』は読まずにChallenge!

しっかり感想欲しい人向けとなっていましたので、あまり書かない辛口の批評をば。

モノローグの焦燥感がハンパなく面白かった。
テンポ良く読めた。
雰囲気も凄く良かった。

でも多分ここに収まるだろうなと思っていたオチだったので、
そこだけが若干無念。

でも総じて凄く面白かったです。
オススメします!

★★★

★★★ Excellent!!!

 これは「誰かに校閲・しっかりとした(略」用の辛口レビュとなります。

 本作は文字通り図書室での一コマとなっていて、その中にあるドギマギをしっかり描写している。
 読んでいるこちらが恥ずかしくなってしまうような、良い作りの物語でした。

 文章も物語も申し分ありません。

 無理矢理難癖をつけるなら、最後のうわごとが少し弱いです。
 相手のことを責める心理的理由は、自分が恋に落ちてしまいそうだからでは?
 なので「こうかはばつぐんだ」というメタネタで逃げるよりも、せっかくここまで直言を避けてきたのですから、最後の最後で「どうにかなりそうだ」等、ストレートな魂の声が聞きたかったです。

 以上、難癖をつけて申し訳ありません。
 今後とも頑張ってください!