キリン探偵のアミメ推理

作者 三角ともえ

60

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 はい、そんなわけで、このSSは朝食用のジャパリまんが夜の間に消失していたと言う事件を解決するため、アミメキリンが迷える推理を繰り広げると言うお話になっております。

 容疑者にはまず前科のあるフレンズの名前が出されますが、今回、彼女は宿泊しておりません。(前科者が誰かは、アニメの10話を見た方なら分かる、あの彼女です。)

 今回の容疑者は、ジャパリまん消失時にロッジに停留していた宿泊客。
 へいげんちほーのシロサイとハシビロコウ、それからタイリクオオカミに、ロッジのオーナーであるアリツカゲラ。

 犯人は誰だ……? と、さっそくアミメキリンが推理をしますが、これが酷い(笑)

 短絡的なのにやたらと自信満々で、アニメで見たようなアミメキリンの迷える推理が炸裂です。
 そして、途中で発見された犯人の遺留品より、さらなる推理が炸裂。

 ところで犯人は……と読み進め、明らかになった時には笑いました。
 お、お前ら、何をしてるだー!?(笑)

 そんなわけで、ポンコツ探偵のポンコツぶりがたっぷりと堪能できるSSです。
 読まれる時には、くれぐれもアミメキリンに犯人だと推理されないようにご注意ください。