コトノハ

作者 真白(ましろ)

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

Twitterで公開した作品をこの『コトノハ』という題材で掲載している本作品ですが、140文字の枠を全て使い切っての表現ということで、意外にも自由度の高い詩編となっていると感じました。
一定のメソッドはなく、各編ごとに用意された、一品モノの詩たちが、読者を楽しませてくれるだろうと思います。
それほど時間を要するものではないですので、ちょっとした余暇を楽しんでみてはいかがでしょうか。
まだ見ぬ、新しい詩編が、あなたを待っています。