4 明日へ、昔日へ

「か、鴉がしゃべった……?」

 愕然として呟いていたのは、エレノアが連れてきた軍人の男性だった。一方、彼の上官は、鋭い目で鴉を観察している。少しして、彼女はその視線をロトへ動かした。

「これは……古代の魔術か?『むこう側』にいるのは何者だ」

『ほう』

 腕を組んだロトが答える前に、ワーテルが声を漏らす。

を見てすぐ気づくとは。ネサンの弟子よりは、いくらか話のわかる奴と見受けられる』

 鴉のくせにずいぶんと偉そうだ。アニーはむしょうに舌を出したくなったが、やめておいた。マリオンが、先に小さく舌を出して、「頭が固くて悪かったわね」と吐き捨てたからだった。黒い鳥と女性の間に火花が散る。それを横目で見るロトは、落ちついていた。

「古代の魔術ってのは、おそらくそのとおりだ。術者が、鴉を通してこちらを見てるらしい。で、術者は漆黒の魔女だ」

 もはや驚きなどというものは、ここ数日で吹っ飛んでしまったのだろう。淡々と言うロトに対して、エレノアは鳶色の瞳を見開き、立ち尽くしていた。だが、彼女は鴉と目が合うなり、ひとつ咳払いをして魔女を見返す。

「それは、それは。わざわざ北の地からお越しいただいたのか。ありがたいことだ」

 穏やかなはずの、声の端々がちくちくしている。ワーテルは一度鳴いたあと『軍人が慇懃いんぎん無礼にご挨拶とは、結構なことだ』と吐き捨てる。もうひと組が火花を散らすのも時間の問題だ。アニーは軽く首をすくめてからロトを見たが、彼は、もはや知らん顔をして遠くにたなびく炊煙をながめている。しばらくやり取りが続いたあと、エレノアが青年の名を呼んだ。彼が無愛想に振り返ると、『白翼の隊』隊長は、眉間に深くしわを刻んだ。

「……いったい、何がどうしてこうなった?」

 結局は、ささやかれた一言が、彼女の――そして軍人たちの――本音なのだろう。


 隠している理由も意味もない、と、ロトとマリオンはありのままを話してしまった。ルナティアの正体に関わる推測まで明かしてしまったものだから、アニーははらはらと見守っていたものだ。ただ、ほかの軍人たちはともかく、エレノアは冷静に受け止めているように見えた。話が一段落すると、細い顎に指をかけて、考えこむそぶりを見せる。

「スミーリ家のアナスタシアか……。二百年以上も前の人間が生きているものか、と言いたいところだが……『実例』がそこにいる以上は、頭ごなしに否定もできん」

『言ってくれるね、青二才が。私とあの女を一緒にするんじゃないよ』

 実例呼ばわりされたワーテルが、羽を鳴らしてそう言ったのだが、エレノアはきれいに無視して黙りこんだ。しばらくは、誰も、なにも言わなかった。口火を切ったのはまたしても少将だった。

「だとすれば、彼女の目的はなんだ? 帝国の技術者を殺して姿を消した人間が、なぜ今さらその技術をばらまいている?」

「最初からそれが目的だった、とか」

 アニーはこてんと頭をかたむけた。彼女に鋭いまなざしを向けたのは、ほかでもないロトだった。

「だとしたら、今わざわざ『宣戦布告』なんざやらないだろ。俺のところに来た時点で事を起こすようなことを言ってたし、本命は今しかけてる方陣じゃないのか」

「植物も動物も殺しちまう術なんか使って、何したいんだよ」

 クレマンのうなり声を最後に、また気まずい沈黙が降りた。このままでは、同じところを行ったり来たりしそうだ。苦手な議論の雰囲気におされて、アニーは重くため息をつく。嫌な空気を打ち破ったのは、手を叩く音だった。乾いた拍手のおかげで、みんなの視線がその主に集中する。注目を浴びたエレノア・ユーゼスは将軍らしく口を開いた。

「ルナティアの素性がわかってきただけでも、かなりの収穫だ。それに、これ以上議論していてもなにも進まん。ひとまずは現場近くの町まで行こう」

「現場に?」

 ロトとマリオンが、声を揃えて訊き返す。エレノアは、しかつめらしくうなずいた。

「もともと、君たちを迎えにきたんだ。現地には今、ジェフリー大尉の班がすでにいる。彼らと合流して情報を突き合せてみよう」

 人々は、目を合わせたあと、大きくうなずいた。

 どの道、方陣のそばへ行かない限りはルナティアにも会えないのだ。危険はともなうが、危険ひとつで二の足を踏むようなら、最初から魔女と取引などしなかったし協力を申し出もしなかった。

 心が決まった人々を見やり、軍人たちは満足げにほほ笑んだ。

「とはいえ、準備の時間もあるからな。出発は明朝、街の西門に集合、ということでどうだ」

 少将の提案を誰もが無言のうちに受け入れた。



     ※



 生ぬるい風が吹く。そのたびに、縦笛の音に似た高音が天に昇って、寒気ばかりを暗い地上にもたらした。おぞましささえ感じる空気のなかで、けれど彼女はほほ笑んでいた。振り返れば、遠くにそびえるのは塔が連なった巨大な建物。グランドルの王宮にも似ているが、それよりもずっと古びた建物だ。

 かつてはこの場所が嫌いだった。今も好きではないが、どこか心地よさをおぼえる。それは、過ぎ去った時代の人間だからこその感傷だろうか。風の音は怨嗟えんさのうめきのように思え、そのおかげで懐かしいあの頃の人々を感じられるような気さえする。たとえ、それが塔の中で果てた罪人たちの息吹いぶきであっても、構わなかった。

 魔力が揺れる。風になびく煙のように。白い指はすっと伸びてそれに触れると、魔力と爪の間に赤い光を弾けさせた。


 もうすぐだ。思わず笑い声をこぼしてしまう。

 もうすぐで、自分の役目は完全に終わる。泣いても笑っても、本当にこれが最後だ。そう、すでに腹をくくっていた。

 不思議と気分がいい。死を前にしているとは思えない。

――きっと、長く生きすぎたのだ。生きることに、疲れてしまった。


 耳を澄ましても、風の音しか聞こえない。待ち人は、まだ、誰も来ない。

 終わりに浸るにはまだ早い。最期に彼女は戦わなければならないから。

 ならば、できるうちに思い出にでも浸っていようか。悪戯を思いつくようにそう考えた彼女は、ゆっくりとまつ毛を伏せて、目を閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます