第四章 まがい物の獣

1 やるべきこと

 遠くの空に見える、黒竜の姿に気づく。ルナティアは、屋根の上でほほ笑んだ。赤い唇が三日月を描き、楽しげにゆがんだ瞳は渡された飾りひもなどには目もくれず、ただ空を占領する魔力の獣に向けられている。

 足音が聞こえても。時代がかった上衣のすそが視界の端に入ってきても。彼女はそれから目を離さなかった。

「どうだ、成功か」

「一応ね」

 訊かれてはじめて、答える。答えたとたん、たとえようのない快感がわきあがってきて、自然と笑い声がこぼれていた。

「すばらしいわ。あの子の魔力も、魔女の技術も――彼女の魔力も。これならば、あの女たちも私を意識せずにはいられなくなる」

「よく、連中を敵に回す気になるな」

 隣に立ったオルトゥーズが呟いた。その声にはあきれも感動もない。淡々とした声に、ルナティアも、ただ笑う。

「そうでなければ、意味がないもの」

 腕をさしだす。細く、白い指を空に向けた。

「さあ。あとは王国の人間たちが、どれほど抗えるか。高みの見物といきましょう」



     ※



 大きな翼と、丸っこくも頑強な胴体。太い尻尾にとかげのような目。あれは間違いなく竜だろう。むしろそれを否定する材料がない。けれどもやはり、子どもたちにはにわかに信じがたいことでもあった。

 竜などしょせん、空想の産物だ。竜を倒す英雄の物語に数えきれないあこがれを抱いた彼らでも、災厄の象徴ともいえる生き物が、実際にいてほしいとは思わない。

 何よりも空想じみた現実に、アニーが呆然としていると、いちおう体調が戻ったらしいエルフリーデが呟いた。

「あれ、魔力で作られているわ」

「魔力」

 アニーが反芻はんすうすると、彼女は小さくうなずいて、竜を見上げる。広場を覆う黒い生き物は、いまのところ、地上をにらみつけているだけだ。うなり声のひとつもあげない。

「あの玉が割れたすぐあとに、魔力を強く吸いだされる感じがしたの。たぶん、あの玉を使った古代魔術は、魔力を集めて生き物のようなものを作りだす術だったんだと思う」

 その場にいた誰もが、目を丸くする。

「じゃあ、ロトさんは、それに気づいてたんだね」

「……そうだ、ロト!」

 手を打って呟くフェイをよそに、アニーは目を走らせる。先輩二人の手で寝かせられた青年は、いまだに身じろぎひとつしない。エルフリーデの言葉が確かなら、彼も魔力を吸いだされたということなのだろう。それなら、突然意識を失ったのにも納得できる。

 アニーが唇をかんだとき、彼の眉がぴくりと動いた。

「う……ぁっ」

 うめき声とともに顔をしかめた青年の目が、うっすらと開いて空を見つめる。

「あ、お兄さん」

「よかった、気がついた」

 リーヴァとフランがのぞきこむ。フランが浅黒い手を顔の前でひらひら振ると、ようやくロトはしっかりと目を開けて、まばたきをした。意識もはっきりしてきたのか、ぼやけた声でお礼を言う。けれど、そのあと、フランが離れた拍子に黒い竜の姿が目に入ってしまう。彼は竜を見つけるなり飛び起きたが、すぐにうなって頭をおさえる。

「ちょ、ちょっと、無茶しないでよ」

 アニーが思わず声を荒げた。けれどもロトは聞かなかった。痛みに顔をゆがめたまま、天に居座る黒竜をにらむ。唇が繰り返しうごいたあと、ぐっと奥歯を噛みしめたようだった。

「魔女の《爪》――ちくしょう、やられた!」

 彼の言葉の意味がわからず、学生たちは顔を見合わせる。その間にも、ロトはゆっくりとだが立ち上がっていた。あたりをぐるりと見回す彼につられて、ほかの六人も広場を見やる。

 混乱に陥っていた人々は、けれど最初に比べれば、いくらか落ちついているようにも見えた。ところどころに青い軍服の姿がある。ある者は厳しく声を飛ばしているが、またある者は、他の人々をなだめながら、広場の外へ誘導しているようだった。

「よし。おまえらも逃げろ」

 しばらくの間をおいて、ロトがぽつりと言った。アニーとフェイとエルフリーデは顔を見合わせ、クレマンはぎょっと目をむく。

「兄ちゃんは一緒に行かねえのか」

「ひとまずここに残る」

 淡々として投げられた言葉に、驚いたのはクレマンだけではなかった。やっぱり無茶をする、と、アニーは目をつりあげかける。けれども、それをさえぎるように、エルフリーデが身を乗り出した。

「ちょ、ちょっと待って! ここに残ってどうするつもりですか!?」

「どうするって、対処。あいつはたぶん俺を狙ってくるから、俺がここにいれば被害が広がらなくて済むだろうし」

「どういう意味――」

「いいから逃げろって。頭からばっくりいかれたかねえだろ」

 ロトはひらりと手を振り、追い払うしぐさをする。まったくとりあってくれない青年に、怒りさえこもった視線が投げつけられる。そんななか、静かに踏み出したのは、フランだった。

「いくらなんでも、一人は危険でしょう」

 フランは淡々と言い募る。怒るでもなく、諭すでもなく。そして、ロトも、冷静に答えた。

「一人じゃねえ。あれとやりあえるだけの力を持った軍人たちが、さすがにもう来るはずだ」

「大丈夫なんですね?」

「なんとかなるさ」

 青年は、笑いもせずに空をあおぐ。対してフランは目を伏せたが、すぐに顔を上げると、友人を振り返った。リーヴァは強くうなずいて、ぐいぐいと子どもたちの背を押す。

「後輩諸君、行くよー」

「ちょ、ちょっと!」

「行くってどこにっすか!?」

 アニーとクレマンが手足をばたつかせて抗議をしても、フェイとエルフリーデが不安げにロトの背中を見やっても、先輩たちはまったく手をゆるめない。そのまま彼らは、押し出されるようにして、広場の外へと走っていった。


 黒い竜の影は小さい。けれど、広場や王宮から流れ出てきた人々は、そろって暗い顔をしている。アニーたちはリーヴァとフランに手をひかれ、その人混みから抜け出した。青い軍服の人々が集まっているあたりへ連れてこられる。彼らが呆然としていると、リーヴァはぱっと身をひるがえし、人混みの中へ突っこんでゆく。人々を誘導しようと苦心している、若い軍人の隣に立つ。

 ひそひそと、不安や憶測を交わしあい、動揺する彼らに向かって、大きく手を振った。

「はいはーい、みなさん、落ちついてー! 軍人さんたちいらっしゃってますから、もう大丈夫ですよー!」

 すると、百は下らないであろう人の群が、いっせいにリーヴァを見た。彼女はそれでもひるむことなく、隣の軍人に追従するように、手を動かして声を張り上げる。

「ほらほら、あれはこっちに来ませんから。ゆっくり順番にこちらへ来てください。軍の方や警察の方が案内してくれますから、ちゃんと従ってくださいねー」

 色とりどりの屋台が立ち並ぶ通り。その道をうめつくす人たちは、やがて、ゆっくりと動き出した。怖がりながらも静かに歩く彼らの姿に、アニーたちは思わず見入ってしまう。四人のそばで、フランがふっと口もとをゆるめた。

「……なるほどね。まあ、僕らができることと言ったら、そのくらいか」

 フランはそう呟くと、自分もリーヴァの隣に立って誘導を始める。残された子どもたちは、しばらく顔を見合わせていたが、やがて人混みから弾き飛ばされて泣き叫ぶ男の子を見つけると、誰からともなく走り出した。

「ねえぼく、どうしたの? お父さんやお母さんは?」

「お、おかあさん……おかあさん、いないよう……」

 しゃがみこんだエルフリーデが優しく問うと、男の子はそう言って顔をくしゃくしゃにした。そのまま、火がついたように泣きだす彼を見かねて、アニーもそばでかがむ。

「ほーらほら、泣かないのー。泣く子はこうだぞー」

 アニーはそう言いながら、べっと舌を出し、目をゆがめる。それから、男の子の癖っ毛をかきまぜた。男の子は、涙にまみれた頬をわずかにひくつかせる。そのまま泣き笑いをはじめた子を、今度はアニーも優しくなでる。

「ね、もう怖くないでしょう?」

「う、うん」

「よし、いい子だ! じゃあ、お母さんをさがそっか!」

 アニーが男の子の手をとって立ち上がると同時、クレマンが隣につき、フェイが先輩たちの方へ駆けだした。


――ほどなくして、男の子の母親は、見つかった。そのあとも、たえまなく、人々の誘導は続く。リーヴァたちのがんばりのかいあって、市民の避難は穏やかに済むと思われた。しかし、先に行った人たちを追ってアニーたち四人が広場の前を離れようとしたとき、すさまじい震動が襲いかかる。遠くから、甲高い悲鳴がいくつもあがり、赤ん坊の泣き声も、そこに混じった。

 ぱっと振り返っていたクレマンが、ぴくりと震えてからかたまる。

「おい、あれ……」

 言いながら、空を指さす少年は、青ざめて震えていた。指の先を追ったアニーも、唖然として立ちすくむ。

 竜が、目をかっと見開いていた。さらに、竜と地上の間で、光が繰り返し弾けている。その間に、号砲にも似た音が、何度も空気を揺らした。

「始まった」

 フェイが空を見つめながら呟くと、エルフリーデは胸の前で手をにぎる。

 少しの間、誰も、動かなかった。けれど、三度続けて光が瞬いたとき、アニーは三人の少年少女を振り返る。

「ねえ。フェイ、エルフィー……クレマンも」

 自然、腰に手がのびる。先輩たちには内緒にしていたが、今日は真剣をいてきたのだ。金属のかたい感触が指に伝わると、驚くほどに心が静まる。アニーは碧眼をそっと開いて友達を見つめた。

「私さ。やっぱり、見て見ぬふり、できないよ」

――フラン・アイビスは、人々を避難されせる友人を見て、言った。自分たちにできることはこのくらいだ、と。ならば、今、アニーにできることはなんなのか。アニーがやるべきことは、なんなのだろうか。

 ふっと、吐息のような笑い声が漏れる。フェイが小さく吹き出したのだ。彼に誘われるようにして、ほかの二人も頬をゆるめる。

「ほんとに、もう。しょうがないな。一度言い出したら聞かないからね、アニーは」

「わ、わたしも……見ているだけは、嫌だし」

 強くうなずく二人の言葉に、アニーは思わず涙ぐむ。そのとき、最後の一人が、クレマンが彼女とよく似た真剣の鞘を叩いて、腕をのばした。

「仲間外れはゆるさねーからな」

 力強く突きだされた拳。アニーは「もちろん」と不敵に笑うと、自分も拳を突きだした。互いに軽く打ちあって、笑う。

 そこへ、リーヴァが駆けてきた。四人は顔を見合わせてから、一斉に駆けだした。彼女とは反対の方向へ。黒竜に覆われた、広場の方へ。

「ごめん、リーヴァ先輩! 私たち、やっぱり戻るね!」

 アニーは満面の笑みで叫ぶ。最後に見たリーヴァは、今までにないほど、目をむいていた。



 子どもたちが、広場の方へ消えてゆく。

「ちょ、ちょっとー!?」

 リーヴァ・ジェフリーが我に返って叫んだ頃には、彼らの姿は見えなくなっていた。彼女がため息とともに肩を落とすと、追いついてきたフランに、ぽんぽんと背中を叩かれる。その隣では、王宮から駆けつけてきたジルフィードが苦笑していた。

「まったく、あの子たちには驚かされるな」

「まあ、いいんじゃないかな。ロトがたっぷり叱ってくれるだろうし」

 二人とも、子どもたちを止めにいく気はさらさらないらしい。リーヴァは乾いた笑いをこぼすと、広場に背を向けた。もともと彼女も、後輩たちの意思をないがしろにしようとは思わないのだ。彼女たちを気にするくらいなら、自分たちのできることをやった方がいい。気持ちを切り替え、顔をひきしめ、軍医を見上げる。

「それで、ジルフィードさん、どうでした?」

「うん。重傷者は、今のところいないね。……でも、このままあれが暴れたら、どうなるかわからない」

 淡々と答えるジルフィードは、天を覆う黒竜を、鋭くにらみつけている。

「あの怪物に襲いかかられたら、僕らじゃ何もできませんね」

「残念ながらね。だから今、あれを魔術かなにかで広場に閉じこめようと、『白翼の隊』が頑張ってる。……でも、いかんせん、人手が足りないんだよなあ」

 ジルフィードは両手をあげ、やれやれと首を振る。

「それがわかってんなら手伝ってくださいよ、まったく」

 後ろから飛んできた一声は、荒々しくも親しみのこもったものだった。誰よりもその声におぼえのあるリーヴァは、弾かれたように振り返る。自分と同じ茶色い髪の軍人を見つけるなり、叫んだ。

「お、お父さん!」

「ようリーヴァ。愛しの我が娘。帰ってきてくれないから、父さんさびしかったぞ」

『白翼の隊』所属の大尉、ガイ・ジェフリーは岩のようにいかつい顔をしている。しかし娘を見るなり、その顔は優しく溶けた。触れてこようとする父の手から、身をひいて逃れたリーヴァは、きっと彼をにらみつける。

「仕事しろ、仕事! それが嫌だから、祭の当日に帰ろうと思ってたのにー!」

「相変わらずですね」

 頬を染めて怒るリーヴァの横で、フランが肩をすくめる。ガイは笑って彼らに挨拶をしたあと、表情をひきしめて、ジルフィードを見た。

「と、いうわけで。戻ってきてくだせえ、先生。ちょうど援軍も来たんだ」

「――援軍?」

 思いがけない言葉を三人ともが反芻する。彼らはすぐに、ガイの背後に人の姿を見いだした。いち早く、『彼ら』の素性に気づいて息をのんだのは、ジルフィードだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます