第三章 交わる三色

1 黄色い玉

 小さく、何かが破裂した気がした。その音は、かつてフェルツ遺跡の中で聞いた、光の弾ける音にも似ている。アニーが上を見ると、青く高く色づいた空に、煙が立ちのぼって、白い花を咲かせていた。

「おっと。前夜祭は明日のはずだけど、別の催しものでもやるのかな」

 同じように上を見ていたフランが、ぽつりと呟く。アニーは首をひねった。彼女が、あの天に咲く白い花が行事の前の合図だと知るのは、もう少し後のことだ。


 ともかく、ヴェローネルからやってきた子どもたち六人は、今日はより王宮に近い場所まで来ていた。家いえを彩る飾りも華やかで、人の姿も昨日よりうんと多い。さまざまなにおいと熱が立ち込める道のまんなかを歩く。けれどもアニーたち四人は、昨日と違って、ひるんでいなかった。

 今日は、やらねばならないことがある。


「どうだ? なんか、感じる?」

 クレマンが、エルフリーデにささやきかけた。彼女がゆるゆる首を振ると、クレマンは正面に視線を戻す。アニーやフェイもまた、何食わぬ顔で王都観光をしている……ふりをした。とりあえず、このあたりに玉はないらしい、とうなずきあいながら。

 さりげなく変なものがないかとあたりを見ていたアニーは、一瞬、足を止める。どこからかふんわりと、こうばしい香りが漂ってきていた。それに気づいたのは彼女だけではなかった。フェイが恥ずかしそうにお腹を押さえて、それを見たリーヴァが小さく笑った。

「朝ごはん、少なかったもんね。何か食べようか?」

 彼女の提案に、後輩たちはこくこくとうなずく。すると、はりきったリーヴァは、人混みをかき分けながら彼らをどこかへ案内する。進むほどに、先ほどのにおいが強くなることに気づいたアニーは、幼馴染と同じようにお腹を押さえてしまった。ぐう、と低い音が鳴る。

 はたしてたどり着いたのは、一軒の屋台の前だった。ほどよく日に焼けた男性が、かたわらの鉄板を、穴があくほど見つめている。彼はやってきた子どもたちに気づくと、「いらっしゃい!」としゃがれ声を弾けさせた。まっさきにリーヴァが身を乗り出す。

「おじさん。それ、串焼き?」

「おうよ、うめえぞ!」

「ひゅう、いいね! 人数分ちょうだい」

「はいよ」

 陽気な少女の言葉に、男性は歯を見せて笑った。目尻のしわが深くなる。そして彼は、肉と野菜を選んで串に刺すと、鉄板に置いた。流れるような手つきに見入っていたアニーは、だから、彼の独り言を聞くことになる。

「いやあ、やっぱり祭の前は人が多いなあ。あちい、あちい」

「……おじさん、いっつもここで串焼き売ってるの?」

 アニーは何気なくそう訊いた。男性がおもしろいほど目を見開く。けれども、視線は鉄板の上の食べ物たちに向いたままだ。

「おうともさ。ふだんから、商人やら軍人さんやら、腹をすかした連中相手にやってんのさ」

「へえ、いいなあ。ヴェローネルにももっとそういうお店があればいいのに」

「あの街はお上品だから、難しいかもな。娘っこは、ヴェローネルから来たのか」

 アニーがうなずくと同時、男性はすばやく串焼きをひっくり返す。

「ヴェローネルの学生なんざ、めったにこんなところにゃ寄らねえぜ。祭ならではの客だ」

 まだ、本番じゃねえけどなあ、と男性は笑う。そばで会話を聞いていたエルフリーデが、きょとんとした。

「あの、なんで学生ってわかったんですか?」

「育ちの良さそうな顔してるから。それに、あの街にいる子どもの半分以上は学生だ」

 身も蓋もない答えに、しかし六人は笑いあう。彼らはたしかに、学生なのだ。

 そんな会話をしているうちに、串焼きができあがる。それを受け取って、リーヴァが硬貨を男性に手渡したとき、アニーは背後を振り返っていた。聞き慣れない靴の音が聞こえたからだった。見てみれば、屋台の方へ歩いてきた小柄な女性が、アニーたちを見て「おっと」と小さく呟いている。学生がよく着るような白い服の上から茶色い上衣と似た色の筒袴ズボンを着ている彼女は、店主と目が合うと、親しみのこもった笑みをのぞかせた。

「今日は珍しく先客がいたな」

「珍しく、とか、外からの客の前で言わないでくだせえ。印象が悪くなる」

「なに、問題なかろう。それで味が落ちるわけでもなし」

 六人は、それぞれに手もとの串焼きを見おろす。彼女が、話をしながら串焼きをちらりと見たことに気がついたからだ。

 アニーは知らず、身構えていた。さりげなく同じ学科の少年の方に目をやると、彼も驚いた顔をしつつ左足をわずかにひいている。

 変わったひとだ。そして、人だ。まとう空気は穏やかだが、足さばきや目配りは、ただの市民のそれではない。アニーが、彼女から目を離さないでいると、鳶色の瞳が見つめ返してきた。勝手に喉が上下して、唾をのみこむ。

 知らない女性は、優しくほほ笑んだ。

「怖がらせてしまったかな。すまない。そこまでわかる人がいるとは思っていなくてね」

「えっ?」

「将来が楽しみだな、君たちは」

 構えていたアニーとクレマンが、顔を見合わせる。その間に、女性は肩を揺らして笑いながら、彼らの間をすり抜けていってしまった。振り向くと、あっけらかんとした態度で、屋台の店主に「串焼き、私も一本いただくよ」などと言っている女性がいた。

 アニーはぽかんと口をあけ、リーヴァは肩を震わせて笑い、ほかの四人は首をひねった。

「何、あの人」

「すごい人だよ。きっとね」

 少女の独白に返された答えは、よくわからないものだった。しかし、それを追及する前に、小さな悲鳴が聞こえてくる。エルフリーデが目を見開いて、両手で口を押さえていた。まさか、と顔を見合わせた四人の子どもたちが、さりげなくエルフリーデの方に顔を寄せる。

「何かあった?」

 フェイが、慎重に尋ねると、エルフリーデはうなずいた。それから、少しだけ振り返って指をさす。来た道を戻って、つきあたりを左に曲がった角の先――のようだった。アニーたちはすぐさまうなずく。クレマンが、先輩たちを見上げた。

「あ、あのう。あっちの方、見てみたいんすけど」

「え? なになに、どこ」

 クレマンが先輩たちを誘導している間に、フェイが女子たちへささやいた。

「まずは二人で見てきてよ。何があったか教えて。あと、必要以上にものに触らないでね。危険だから」

 二人は、はっきりと首を縦に振った。同時に、クレマンも、リーヴァとフランをうまく言いくるめたようだ。誇らしげな笑みとともに、小さく指を立てている。三人は、そっと頬をゆるめる。

 鳶色の瞳が自分たちのことをそっとうかがっていることには、まったく気がついていなかった。



 六人で向かったのは、曲がり角よりわずか手前にある、ずらりと並ぶ彫像の前だった。フランが何かを解説し、フェイたちがそれに耳をかたむけるそぶりを見せる。フェイに関しては、本当に聞き入っているのかもしれなかったが。

 ともかく、その隙に、アニーたちはこっそりと角を左に曲がると、一気に走った。ひとけのない、細い路地。ふだんだったら、二人だけで踏み入ろうとはしなかっただろう。だが、今は別だ。

 息を殺して走っていると、やがて、行き止まりにぶつかる。石畳はそこでとぎれていて、かわりに、古い階段が続いていた。

「これ、ひょっとして地下に続いてるのかしら」

 息を切らせたエルフリーデが、呟く。少し、腰が引けていた。対してアニーは意気込んでいた。

「行こうよ。この先なんでしょ」

「う、うん」

 ひるんでいる友人の手を、優しくひいて歩き出す。アニーはかつて、もっと危うい地下にもぐったことがあるのだ。今さらこのていどで怖気づくはずもなかった。

 石段は、そうとう古いものだが、よく手入れされていた。突然崩れ出すことはなさそうだった。黙っておりていくと、予想通り、暗い道にたどり着く。二人が並んで通れるか通れないか、というくらいの細い道は、ところどころでうねりながら、えんえんと続いているように思えた。

「な、なんだろう、ここ。やけにきれいだね」

 アニーのうわずった声は、暗がりに反響する。壁にも道にもごみや汚れはほとんどなく、目も当てられないほど虫が這っている、というわけでもない。ときどき、小さな虫がとことこと、二人の前を横切るくらいだ。ぴくりと跳ねたエルフリーデが、アニーの手を強くにぎる。

「ひょ、ひょっとしたら、何かあったときに外に出るための地下道なんじゃないかしら。だから、いつでも使えるように、掃除されてる、とか」

「なるほど」

 エルフリーデの推測に、アニーは感心しきってうなずいた。けれども、それであれば、掃除をする人と道のまんなかで出くわす可能性もある。早く玉を見つけて戻りたい。エルフリーデも同じ気持ちだったのか、眉根を寄せて呟いた。

「あの気配が近いわ。早く見つけて戻りましょう」

 二人は、どちらからともなく歩き出した。


 何かあったとき外に出られるように、というのは本当かもしれない。狭い道には、ところどころ横道があって、そこからかすかな光が漏れていた。けれど、それで息苦しさがまぎれるわけではない。アニーもエルフリーデも、しだいに厳しい顔つきになった。歩くうち、二人の間には、鉛のような沈黙が漂う。

 魔術師の卵である少女が声を上げたのは、ゆるやかに蛇行した道を二度ほど歩いたあとだった。

「見て、あれ」

 ささやきに肩を叩かれたアニーは、息をのんだ。そうっと、エルフリーデの指を追いかける。

 壁に穴があいていた。人ひとりがぎりぎり通れるほどの穴だが、今までの横道とはまるで違う。こっち、と言って穴に体を押しこむエルフリーデ見て、アニーは、ひっ、と奇声をあげてしまった。慌てて駆け寄る。

「エルフィー、一人で行っちゃだめだって!」

 アニーは言いながら、自分もぐいぐいに体を入れた。どうしてしとやかな友達は、こんなときだけ大胆になるのか。

 息苦しい穴をかがんで通り抜けたアニーは、突然高くなった天井に驚いた。無意識のうちに、苦い空気を吸いこむ。少女の姿を探した彼女は、別のものに目を奪われた。

「それって」

 小さな部屋の中心に、置かれているのは黄色い玉。青い玉と同じように、ちかちかと光を瞬かせている。エルフリーデは、そばにしゃがみこんで、玉をのぞきこんでいた。

「あまり汚れてないわ。最近、ここに置かれたんだと思う」

「そうなの? でも、確かに、あの青い玉も汚れてはなかったかも」

 言ってから、二人は顔をこわばらせた。違う色。けれど同じような玉。それが二つも見つかる。これほど不気味なことはない。

「み、見てみてよ」

 アニーは慌ててエルフリーデをせっつく。飛び出た声は、わずかにかすれていた。エルフリーデは静かにうなずく。少しだけ目を閉じたあと、黄色い玉の表面に指をすべらせた。昨日、ロトがそうしたように。

 すると、黄色い瞬きはぼやけた光に変わって、玉を薄く覆う。光の先には、やはり、見慣れない図形があった。同じ形をしたものが、向かいあって、ふたつ並んでいる。それは先がとがっていて、まんなかのあたりで湾曲していた。

「な、なんだろう、これ」

 アニーはうなる。けれども、同じように図形をのぞきこんだエルフリーデは、眉をぴくんと跳ね上げた。

「これ、牛の角みたいじゃない?」

「牛の角……」

 言われてから、アニーは碧眼をすがめる。確かに、角にも見える気はした。もっと見ていたかったのだが、すぐに光が薄れ、図形が消えてしまう。玉がもとのとおりに瞬きはじめると、少女たちはそろって息を吐いた。

「どういうことかしら」

「さあ――。こうもりの羽に、牛の角、かあ。動物の体の一部? 魔術には、そういう記号があるのかな」

「こうもりの羽?」

 エルフリーデに聞き返されて、アニーは「青い玉にあった図形がそう見えたんだよ」と答える。とたん、エルフリーデはきれいな顔を険しくした。

「何かしら……。わたしの知ってる限りでは、そんな記号や象徴はないと思うけど……」

 ううううん、と二人並んで考えこんだものの、わからないものはわからない。黄色い玉は、変わらず瞬きつづけている。

 これ以上、暗くて狭い地下道にとどまっていても、どうしようもないのは明らかだ。二人は表に戻ることを決めて、小さな穴を抜けだすと、元来た道を歩き出した。



     ※



 ひそひそと。馴染んだ音が、背中を叩く。串焼きにしゃぶりついていたエレノアは、ふっと背後を見た。私服姿の隊士が、小さくこちらを手招いている。彼女は、親しい相手にそうするように片手をあげると、「やあ、待ちくたびれたよ!」と明るい声をあげて、彼の方へ歩み寄った。二人が並ぶと、どちらからともなく足を進める。

「おいしいですか、それ」

「うん。今の職場に来た頃から気に入っていてね。よくお昼に食べているんだ」

「それでときどき勝手にいなくなってるんですか。ほどほどにしてくださいよ」

「すまんすまん。君は、いい店、見つかったのか?」

「いやあ、全然」

 肩をすくめて笑った隊士に、エレノアもほほ笑んで返す。

「王都は店が多いからな。そのぶん迷いやすい。目星をつけてから探した方が、無難だぞ」

「わかっているんですけどねえ。どうしても、目移りしちまって」

――どうやら、まだ不穏分子の元はつきとめられていないらしい。エレノアは、笑顔の裏で苦みをのみこんだ。

 夏の盛りに、王都の片隅で怪しい動きを見せていた集団を、いくらか捕らえた。おもに功を立てたのは、副官の班と新人の班だった。そのときはじめて、彼らが描こうとしていた方陣の一部がわかったのだから、エレノアもよく覚えている。

 問題はそこからだ。

 彼らの事情聴取をしたところ、口をそろえて「言われたことをやっただけだ」というようなことを述べたのだ。――実際、彼らは下町で細々と研究をしていただけの魔術師たちで、ふだん使わない術の知識を得られる環境にはいなかった。術に詳しい何者かが吹きこまなければ、今回のようなことはできなかったろう。


 これがあれば、現体制を壊すきっかけになる。あなたたちには不満があるのだろう、疑念があるのだろう。ぶつけろ、訴えろ。今がそのときだ。


 彼らに複雑な方陣を教えた相手は、そのように言って魔術師たちをそそのかした、と報告されている。

 ならば、それを言ったのは誰で、どのような人物で、何が目的なのか。まだ、魔術師たちの証言から相手が女だとわかっているだけだ。寒気をおぼえたエレノアは、反発するかのように、笑みを深めた。

 隊士の言葉から拾える限りでは、状況はかんばしくないようだ。エレノアは、隊士ときりのいいところで別れたあと、裸になった串をながめて、ため息をつく。

「やはり、ロトに望みを託すしかないか……?」

 方陣について詳しいことがわかれば、首謀者を追う手がかりにもなるはずだ。ひとまずは、彼からの報告を待つしかないだろう。

 何もつかめない自分の手を、いまいましくにらみつけたエレノアは、足を止めた。ふと、屋台の前で見かけた子どもたちを思いだす。十八歳くらいの少年少女とは別に、こそこそとしていた四人が気にかかった。

「一人、魔力持ちがいたな……。妙なことになっていないといいが」

 歩いた道を振り返る。雑踏の中に彼らの姿を見いだすことは、できなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます