3 友達

 無事に屋敷の一階へ戻ったアニーたちは、簡単に中を調べてまわった。けれど、幽霊がいるような痕跡は見当たらない。あれから、不審な音や揺れには一度も遭遇しなかった。幽霊騒ぎはあの狼たちのせいだったのだろう、と結論付け、ヴェローネルに戻ることにした。

「『度胸試しの勝負』にはならなかったね」

 扉の前でアニーがぼやくと、クレマンが目をつりあげる。

「何言ってんだよ。どう考えても勝負は俺の勝ちだろ。おまえが粉まいてる間、戦ったのは俺だぜ」

「はあ、なんでよ!? あんたなんか、ずーっと狼にびびりっぱなしだったくせに!」

「……せっかく平和に終わろうとしてたのを、ぶち壊さないでくれるかな」

 そのまま言い合いをはじめる二人に、フェイがため息と言葉を投げかけたが、まったく届いていなかった。くすくすと笑って楽しげにしているのは、エルフリーデ・スベンひとりである。

 開き切りもせず、かといって閉まりもせず揺れている扉を、アニーが強引に押し開けた。さしこむ日の光に目を細めつつ、ゆっくり外へと踏み出す。とたん、草木のにおいがふわりと広がって、ささくれていた子どもたちの心をほんのり癒していった。

「じゃあ、帰ろうか」

 クレマンとの言い合いに飽きたアニーがぽつりと言うと、エルフリーデが笑顔のままで大きくうなずく。

 しかし、彼らがヴェローネルの方につま先を向けたとき、すぐそばのしげみが揺れた。彼らはびくんと飛び跳ねて振り返ったあと、口をあんぐりと開けて固まる。しげみの中から、見慣れない格好をした人たちが出てきたからだった。男女ひと組の彼らも、子どもたちに出くわすと、目をみはる。

 多分、毛皮か何かだ。揺れる衣のすそを見て、アニーはそう思った。ところどころに、石か何かだろうか、不思議な飾り物が揺れている。履物も草を編んだものだった。不思議ないでたちの彼らは、互いの顔を見た。その後、男性の方が踏み出してくる。

「君たち、街の人間か?」

 流暢な言葉に、四人は息をのんだ。代表してアニーがうなずくと、男性はにっこりほほ笑む。

「いきなりで申し訳ないけど、灰色の狼の群を知らないか。探しているんだ」

「灰色の狼? それって」

 アニーは三人を振り返る。

……あの屋敷でのことを、言ってもいいのかどうなのか。迷いはしたが、アニーは、言うことに決めた。男性をまっすぐに見返し、小さくうなずく。

「灰色の狼なら、あの屋敷だよ。屋敷の地下室に棲みついているみたい」

「地下室だって?」

 裏返った声を上げた男性が、仁王立ちしている女性を振り返る。女性は、苦々しく目を細めた。

「荒らされてないだろうか。街の人間と取引するものをごっそり入れてんでしょ、確か」

「ああ。まあ、箱のひとつやふたつ荒らされててもどうにかなる、とゼクたちは笑っていたが」

 意味の取れないやりとりは、それからしばらく続いた。アニーたちは目と口をだらしなく開いて首をかしげあっていたが――そのうち、フェイがさあっと青ざめた。

「ちょ……待って。あの地下室の箱って、この人たちのだったの……? お屋敷の人じゃなくて」

 フェイの声は、泣きそうに揺れている。アニーははじめ、意味がわからなくて顔をしかめた。けれど、手から漂ってきた辛い臭いに記憶をつつかれて、はっとする。

「あ――」

 しまった、と呟いたのがアニー自身だったのか、ほかの誰かだったのか、わからなかった。

 けれど、その声に気づいた男女の視線を浴びたのは、アニーである。彼女は頬をかいたあと、観念してうなだれた。

「あ、あのう、実は」

――こうして、アニーは、今までの出来事を語る。

 話を聞いた二人は唖然としていた。男性が呆けているかたわらで、女性はわなわなと震えだす。

「ご、ごめんなさい!」

『辛い粉』を勝手に使ったことについて、四人が全力で頭を下げて謝罪すると――突然、男性が吹きだした。彼がそのまま腹を抱えて笑いだしたので、青筋を立てた女性が、その背中に拳を振るう。

「わ、笑っている場合か! あれ、作るの大変なんだからね!」

「くくっ、いや、すまない。だがいいじゃないか。この子たちの身を守るのに役だったんなら」

「『兄弟』を怒らせるようなまねをするこいつらが悪い!」

「狼だと知らなかったうえに、いきなり襲われたんだろう。さすがに、一頭でもこの子たちが殺してしまっていたら問題だったが、わざわざそうせずに戻ってきてくれたんだから、そこまで怒ることはない」

 男性は、腹を抱えながらも、女性の怒りをのらくらとかわした。女性は彼の態度に気を削がれたのか、すぐに矛を収めたが、その後もしばらく「これだから街の人間は」などとぶつぶつ言っていた。アニーとしては居心地が悪かったが、謝って戻ろうと提案する前に、エルフリーデがそろりと手をあげる。

「あの、き、きいてもいいですか?」

「うん、なんだ?」

「狼さんたちのところに行って、どうするんですか。その……子どもが、いたみたい、なんですが」

 エルフリーデは小声で訴えたあと、顔を伏せる。途切れがちな言葉だったが、男性は意味を察したらしい。眉を上げ、悪戯っぽくほほ笑んだ。

「大丈夫。彼らに危害を加えるつもりはない。むしろ彼らを守るために、ここへ来たんだ」

「だいたい、危害を加えたのはあんたらの方だろう」

 鋭い女性の一言に、子どもたちは背中を丸める。男性は、やんわりと彼女をたしなめると、改めて四人を見おろした。

「私たちは、この森の奥に住み、野獣や魔物とともに暮らす一族だ」

「え、そんな人たちがいるんだ」

「あまり知られていないからな。驚かれるのも無理はない」

 男性は、しれっとそう言い、腕を組む。

「実は、世の中には魔物を狩ることを仕事にしている人たちがいる。そいつらが最近、人を襲わない魔物たちを、むりやり住処すみかを荒らして殺してしまっているんだ。魔物とも共存している私たちにとって看過できることではないから、そういう人たちの被害に遭いそうな群の様子を、見て回っている」

「あの狼たちも、それで……?」

「そう。廃屋に棲みついたという話を聞いたからな。加えてその廃屋が『幽霊屋敷』と呼ばれはじめたと知ったから、慌てて探していたんだ」

 無事なようでよかった、とささやいた彼になんとも言えず、アニーたちはただうなずいた。彼は笑いをこぼすと、子どもたちに背を向ける。むっつりしている女性も一緒だ。

「とりあえず、今から地下室に行ってみる。情報をありがとう」

 男性はそれだけ言うと、女性をともなって、屋敷へと歩いてゆく。アニーたちは、彼らの背中と負われた矢筒を呆然と見送った。

 彼らの姿が、外れかけた門扉もんぴの先へ消えると、子どもたちも逃げるようにして街へ戻っていったのである。



     ※

     

     

「それじゃあ、また後で」

 ヴェローネル学院の、寮の入口。私服姿の学生が行き交うそこで、アニーはクレマンたちを振り返り、珍しくにこやかに手を振った。けれど、その笑顔は隣にいる少女に向けられたものだと、クレマンはわかっていた。なので、「うん、また」とほほ笑んで手を振るエルフリーデをちろりと見つつも、顔はわずかに見える女子寮の食堂に向けて、無関心を装っていた。アニーが寮の奥へ駆け去り、それに合わせてフェイ・グリュースターも男子寮の方へと急ぐ。

 彼らが少年少女の波にもまれて消えると、クレマンはようやく、女子寮から視線をひきはがした。女子生徒の群から距離をとって、石の柱に背を預けると、エルフリーデをにらむ。

「それで、話って何?」

「――うん」

 エルフリーデは少しひるみつつも、うなずいた。

 

――クレマンが言い出した『度胸試しの勝負』は、ひとまずお流れになった。はなからその気はなかったので、どうでもいい。アニー・ロズヴェルトが最後まで、そう思いこんでくれたのが幸いだった。――無駄に勘のいい彼女のことだ、気づかないふりをしているだけなのかもしれないが。

 ともかくこれで、クレマンはひとつ難関を乗り越えたということになる。しかし、今は、ヒューゴになんと報告しようかと悩んでいる。そんな矢先でエルフリーデから『話がある』と言われてしまったから、思わず身構えていた。

 

 しかし、恥ずかしそうにしたエルフリーデの口から出たのは、意外な言葉だった。

「今日は、ありがとう」

「へ?」

 意表を突かれたクレマンは、固まってしまった。エルフリーデはさっとうつむき、両手の十指をからませながら、呟く。

「いろいろあったけど、でも、楽しかった。今まで、誰かとあんなふうに探検をしたことがなかったから、嬉しかったわ。だからその、お礼を言いたくて」

 小さくつむがれた言葉に、クレマンは愕然とした。伏せられた紫の瞳に宿るきれいな光を見てしまい、その瞬間、頭の中がかあっと熱を帯びる。

「お、お礼、なんて……」

 ぐっと拳をにぎった彼は、気付けば少女に詰め寄っていた。

「やめろよ。お礼なんていらねえよ。だって、お、俺」

「ヒューゴ先輩に、頼まれたんでしょう。わたしを困らせてって」

 エルフリーデが目の前で笑う。クレマンは、頬を打たれたかのように体を震わせた。彼女の言葉が、ゆったりと続く。

「わかってたの。だって、はじめて見たときのクレマンくん、先輩のまわりにいた子たちと雰囲気が似ていたから」

「そ、れは」

「でも、クレマンくんはそうしなかったよね。もしかしたら、アニーやフェイが来たからなのかもしれないけど。でも、最後までわたしをだましたりいじめたり、しようとしなかった。それどころか、『守る』って言ってくれた。……嬉しかったよ、本当に」

「だから、わたしのありがとうを受け取って」――どこまでもまっすぐな言葉が、クレマンの胸を打つ。彼は両頬をまっ赤に染めて、言葉を失い立ち尽くしていたが、やがてぽつりと呟いた。

「ごめん」

 動きの止まった頭の中で、それでも懸命に言葉を探した。けれど、出てきたのは、なんの変哲もない謝罪だった。エルフリーデは、それでも、風に揺れる花のようなやわらかい笑みを浮かべる。

「謝らなくて、いいの。だけど」

 少女は、うなだれるクレマンを見ると、顎に手を当てて少し考えこんだ。それから彼を再び見て、ぴん、と人さし指を立てる。

「じゃあクレマンくん、ひとつお願いしてもいい?」

「な、なに」

「わたしと、お友達になってほしいの」

 クレマンが、言葉にならない声を上げると、紫の目におもしろがるような光が宿る。しかし、それも一瞬のことで、次には不安げな表情があった。

「だめ、かな」

 放心していたクレマンは、その一言に意識を引きあげられる。よく考えもしないまま、彼はただ、うなずいた。エルフリーデはぱっと顔を輝かせ、白い両手でクレマンの右手をはしっとつかんだ。

「あ、ありがとう! 学院でのはじめてのお友達だよ」

 いきなりのことに少年は目を回したが、少女の手が離れると同時に、少し冷静になる。はあっ、と深いため息をついた。

「お、おおげさな……だいたい、はじめての友達って……アニーたちは違うのか?」

「あの二人は学院の外で仲良くなったから、ちょっと違うの」

「……ふうん、そういう感じか」

「よろしくね、クレマンくん」

 たわいもないやり取りのあと、エルフリーデは右手をさしだしてくる。握手をもとめるしぐさに、クレマンも反射的に手を出そうとするが、寸前で止めた。しばらく、きょとんとしている少女の顔を見やってから、口を開く。

「……おまえさ、俺に聞いたよな。『怖いって思うか』って」

 静かな声で切り出すと、エルフリーデは首を傾けた。だが、すぐに、目には理解の色が浮かぶ。自分がお屋敷で訊いたことを思い出したのだろう。

 クレマンは、緊張に息をのんだあと、続ける。

「正直、俺、魔術師のこととか全然わからないんだ。……わかろうとも、してこなかった。だから、あんまり偉そうなことは言えない。けどさ、おまえのことは怖くねえし、不気味とも思わない。それどころかふわふわしてて、びくびくしてて、危なっかしくてほっとけない」

 白皙はくせきの頬が、ほんのりと赤く染まる。クレマンは咳払いをしてから、続けた。

「えーっと、つまり、何が言いたいかっていうと。おまえが魔術師だろうとなんだろうと気にしないから――よろしく、ってこと」

 彼は、口早にそう言い切ると、少し乱暴にエルフリーデの右手をにぎった。

 少女はしばらく唖然としていたが、やがてはにぎられた手に、優しく力をこめたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます