第15話

「サオリはいつ、どこから来たかわからない、って言ったよね。そうはいっても、僕らよりはここのことを知っているでしょ。ひょっとして僕らが来るまではずっとひとりでここにいたの?」

 僕は空になったお寿司のパックをゴミ箱に入れたあと、サオリに質問をぶつけた。サオリは肩をすくめて答えた。

「そう。ここはなぜだかいつも明るいし、食品はいつの間にか補充されているの。テレビやラジオはダメだけど、ゲームはできるわ」

「そんなうまい具合にできてるのって・・・それにしたってひとりでいて、寂しくならなかったの?」

 僕がそう聞くと、サオリはキョトンとした顔になった。

「さびしい・・・なんだろ、それ。わたし、よくわからない」

「よくわからないって・・・だってひとりぼっちでここにいたわけなら、家族のこととか、友達のこととか、いろいろ思い出すだろ」

 サオリは一度下を向いてから僕に向き直った。

「ほんとうにわからないの、ごめんなさい。変に思うかもしれないけれど、気がついたらわたしはここにいたの。それがいつかもわからない。ずうっとひとりでいたから、わたしの気持ちはどこかおかしくなっているのかもしれない。もちろん、わたしに家族や友達がいたかもしれない。でも本当にわからないの・・・。今日、ここから外を眺めていたら、キミたちが走っているのを見たの。それで急いで追いかけて来たのね」

 僕はそれ以上何も言えなかった。なんだか聞いてはいけないことを聞いたみたいな気がした。

「地震の時、大丈夫だった?」

 カッコが思い出したようにしゃべった。

「さっきも言ったけど、なぜかここだけは特別なの。もちろん揺れたけれど、びくともしなかった。わたし、窓から沢山の家が崩れるのを見た・・・」

「でも、その家には誰も住んでいない。そうでしょ」

 英ちゃんはするどく聞き返した。

「そうよ。いたのはわたしだけ。そして、今日キミ達が来た」

 結局何一つわかったことがない。僕らはもう帰れないのだろうか。

「そういえば、さっき言っていた“アレ”って何?」

 僕はサオリに聞いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料