第176話「すごい助ける気が失せたんですが」

「太郎よ、鶴の恩返しごっこをしようではないか」


「ハルカさん、そんな遊び聞いたこともないんですが」


「まぁまぁそう遠慮するでない。妾が鶴役じゃから太郎はおじいさん役をするのじゃぞ?」


「えぇー…はぁ、分かりましたよ。それじゃあ始めますか。あっ、あんなところに罠にかかった鶴がいますね」


「…クッ、妾としたことが油断してしまったのじゃ。いつもであれば下等な人間なんぞの罠にはかかるはずもないというのに…ッ!」


「うわっ、すごい助ける気が失せたんですが」


「…ん、そこにいるのは人間か? おい、人間よ! 妾を助けた暁には世界の半分をくれてやろうではないかァ!」


「ふてぶてしい鶴かと思いきや魔王じゃないですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!