第175話「それは白ゆ…あれ、おかしいな…」

「お兄ちゃんたち、ちょっと手伝ってもらっていい?」


「別に暇だからいいけど、何を手伝えばいいの?」


「今度学校で白雪姫の劇をやるんだけど、台本読みを手伝ってくれる?」


「いいよ」


「しょうがないな、私も手伝おう」


「お姉ちゃんもありがとう! じゃあお姉ちゃんが女王でお兄ちゃんが魔法の鏡役ね!」


「えーっとなになに? 鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰だい?」


「それは白ゆ…あれ、おかしいな…」


「鏡よ、どうしたんだい? 早くその姿を写しておくれ」


「いや写そうとしてるんですけど、影が薄いのか上手く写らなくてですね…」


「お兄ちゃん、そんなの台本にないよ!?」


「あー、白雪姫は影が薄いからな…」


「お姉ちゃんも納得しないで!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます