第159話「…まぁ水鉄砲なら、ないこともないんですけど」

「太郎ぅ、暑いのじゃぁあ…」


「僕としてはハルカさんはお面をつけてるっていうのもあると思うんですよね。外してみては?」


「フッ、我が封印が解かれるときは、妾のこの身が灼熱に焼かれ、死に絶えるその時だけよ…」


「え、死ぬまでそのお面外さないつもりなんですか。というか封印されたまま死ぬってどうなんですかね」


「ふ、封印が解ければ再び甦るだけじゃぞ?」


「うわー後付け感がすごいですねー」


「ええい、うるさいわ! それで何か涼をとる道具はないのかの?」


「…まぁ水鉄砲なら、ないこともないんですけど」


「嫌な予感がビンビンなのじゃが」


「試しに撃ちますか…っと、軽く撃ったのに壁に穴が」


「お、お主は冷や汗で涼をとる気かの?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!