第149話「だから相談したくなかったんだよぅ!」

「うわぁー…これ、どうしようかなぁ…」


「おっとミネルバ、そんな浮かない顔してどうしたんだい?」


「あ、お兄ちゃん。あのね…いや、やっぱりいい」


「ど、どうしたのさ。何か僕に言えないようなことなの?」


「言えないことじゃないんだけど…」


「モゴモゴされても分からないからさ、ひとまず言ってごらん?」


「実はね、今日の風で傘が壊れちゃったの」


「なるほど、たしかに今日は一段と風が強かったからね。そうだ、僕が傘を直そうか?」


「お兄ちゃんは傘も直せるの?」


「うん、僕に任せなよ。それじゃあどうしようか…イメチェン目指してとびっきり派手な傘にする? それとも敢えて地味な普通の傘?」


「だから相談したくなかったんだよぅ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!