第123話「これっぽっちのしがない筋肉だぞ」

唐突ですが、両親の冒険者時代編です。

書きたくなったから書いた。

ツッコミがいないが、後悔はしていない。

もちろん反省もしていない。


ーーーーーーーーーー


「ーー9998、9999、10000!」


 俺は日課の逆立ち片小指立て伏せを終えるとその場に倒れ込んだ。


「はぁはぁ…」


「タケゾウさん、大丈夫ですか?」


「あぁ、少し休んだら見張り代わるからそれまで頼むよ、ヒナタ」


 俺の名はタケゾウ。

 店を継ぐために修行中の冒険商人だ。


 隣で座ってる笑顔の素敵な少女はヒナタ。

 ほんわかしたオーラからは想像しがたいが、俺と同じS級冒険者で、今はパーティーを組む相方だ。


「やっぱりタケゾウさんの筋肉すごいですね」


「いやいや、俺なんてまだまだだ。これっぽっちのしがない筋肉だぞ」


「本当に人間辞めてるとしか思えませんよー」


「俺でも手強いと思うバハムートを倒して放置するヒナタには言われたくないがな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!