第124話「タケゾウさんがぐしゃっと!」

「それにしてもこれだけ見張っているのに巣穴から出てこないな…」


「まぁケルベロスは警戒心の高い魔物ですからねー」


「それでも腹が減ったら巣から出てくるだろう?」


「魔物は何でも食べれちゃうので、巣穴の中の魔力でも食べているんじゃないですかねぇ?」


「魔力なんて食ってたら軟弱になりそうじゃないか! 仕方ない、撒き餌として我が家直伝のプロテインを使おう」


「プロテインなんて食べますかね? そんな粉だけ置かれても誘き寄せれるとは思えないんですけど」


「それじゃあヒナタだったらどうするんだ?」


「そうですね、私の手作りのお弁当に誘い出されたところを、タケゾウさんがぐしゃっと!」


「ヒナタの弁当だったら俺が手を出すまでもないな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!