第118話「オーガゲームをしようではないか」

「そうじゃ、太郎よ。妾とオーガゲームをしようではないか」


「オーガゲーム…あぁ、鬼ごっこのことですね。あれですか、今日は鬼のお面だからっていうあれですね」


「それではまず妾が本当は心優しいはずなのに、その右腕に宿った悪魔のせいで苦しみーー」


「それじゃあハルカさんが鬼をやるということですね、僕は逃げるとしましょう」


「が、ガン無視してそそくさと逃げてしまったのじゃ…気長に探すとするかの」


 ーー


「ふむ、うまく隠れておるな」


 ーー


「み、右腕の悪魔がッ! じゃが太郎を見つけるまでは…ッ!」


 ーー


「太郎…どこじゃ、どこなのじゃ…寂しいのう…」


 ーー


「あ、すいません。昨日は忘れて帰ってしまって」


「絶対わざとじゃろ!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!