第117話「ふふっふふーん♪」

「ふふっふふーん♪」


「鼻唄まで口ずさんでご機嫌ですね、母さん」


「あら、私がご機嫌なのって、そんなに分かりやすいかしら?」


「まぁ、笑顔で鼻唄を口ずさみながらステップを踏んでますからね。いったい何があったんですか?」


「太郎も知ってると思うけど、私って家庭農園をやってるじゃない?」


「あー、そういえばありましたね、マンドラゴラ」


「ニンジンとか色々育ててるんだけど…」


「そこはニンジンで押し通すスタイルなんですね」


「最近、その植物と話せるようになってきたのよー」


「マンドラゴラと会話だなんてレベル高いですね」


「ほら見て? この木なんてなかなか渋いのよね」


「それはトレントっていう魔物ですね。なんで家庭農園に魔物を生やすんですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!