第106話「我が家の一大事だろう!?」

「あー!?」


「父さん、急に雄叫びを上げてどうしたんですか。近所迷惑ですよ」


「いや、いまのは悲鳴のつもりだったんだが」


「力強すぎて悲鳴には聞こえませんでしたよ」


「そうか…それじゃあ、きゃーって叫んだ方がいいのか?」


「普通に気持ち悪いです、やめてください」


「ちょっと俺に辛辣すぎやしないか…? ってそんなことじゃなくて、本当に大変なんだ!」


「何がそんなに大変なんですか?」


「買い置きしていたプロテインがないことに気づいてな」


「…そんなことですか」


「そんなことって、太郎! 我が家の一大事だろう!?」


「たかだかプロテインを家宝みたいに扱わないでください」


「みたいじゃなくて、家宝だぞ?」


「僕らの先祖って頭おかしいんじゃ…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!