第105話「同調率9割超えじゃの」

「ハルカさん、カマちゃんの調子はどうでしょう」


同調シンクロ率9割超えじゃの」


「そんな機能はないですけど」


「心で通じあっておるのじゃ」


『まったくハルカは私がいないとダメなんだから…』


「あー、魔道具にダメな子扱いされてますね」


「ただの照れ隠しではないのかの?」


『て、照れ隠しなんかじゃないんだからね!』


「いや、照れ隠しじゃろう!?」


「本人の意思を尊重して照れ隠しじゃないということで」


「太郎は妾より魔道具を上に見ておるな、はっはっは」


「…」


「ちょ、なんでそこで黙るのじゃ!? 本気なのかの!?」


『…そんなこと、ないと思う…よ?』


「そ、そんなことないです、よ?」


「なぜ太郎だけじゃなくてカマちゃんにも気を使われておるのじゃ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!