第102話「サッカーやろうぜ!」

「サッカーやろうぜ!」


「あなたはカミナリイレブンのゴールキーパーさんでしょうか」


「古いし違うな」


「はぁ、また姉さんが人数いないとできない競技を…」


「いいじゃないか、なんとかなるって」


「なるとかなるって、なんとかなった試しがないんですよ」


「それなら二人でできるスポーツをしよう」


「何かありますかね?」


「うーん、PK対決?」


「僕の生死が危ぶまれるので却下します」


「えぇー」


「というかひとまずサッカーボールを選択肢から捨ててくださいよ」


「…それならリフティング対決とかどうだろうか?」


「スポーツじゃないですし、サッカーボールは選択肢から捨てろと言いましたよね?」


「私が続けすぎて終わらないしな」


「じゃあ言わないでくださいよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!