第103話「テッテテー、ほぼ太郎印忌避団子ー」

「さて、たろえもんの秘密兵器の実験に来たわけですが」


「ギャギャ!」


「助手のゴブリン1号くん、今日はどんな秘密兵器だと思いますか?」


「グギャギャ! ギャオ!」


「ちょっとゴブリン2号くん、僕は1号くんに質問してるだけなのに襲いかからないでくださいよ」


「…ググ」


「え、ゴブリン3号くんは早く秘密兵器が見たいって? しょうがないですねー」


「「「ギャオ!!」」」


「テッテテー、ほぼ太郎印忌避団子ー」


「「「グギャッ…!?」」」


 バタバタバタッ。


「うわ…さすが母さんの作った新作団子ですね、口に入れただけなのにすさまじい威力…た、食べなくて正解でした」


 ーー


「お団子どうだったかしら?」


「あ、母さん。強かったですよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!