第88話「…分身ですか」

「フレッフレッ太郎ー」


「なんですか、姉さん」


「太郎の魔道具作りを応援してあげようという姉心」


「へぇ、姉心…ですか」


「なんだ、その冷めた目は」


「いや、別に他意はないですよ?」


「そうか…って他意がないなら余計にダメだろ」


「まぁ僕としてはもっと規模の大きい応援を見ることがあるのでそれに比べれば…ってやつですよ」


「運動会のやつか。じゃあやってみるか」


「やってみるって何を?」


「「「応援団だよ」」」


「…分身ですか」


「「「「「フレッフレッ太郎!」」」」」


「どんどん姉さんの数が増えてるんですけど!」


「「「「「「「「頑張れ頑張れ太郎!」」」」」」」」


 ドンドンドンッカッカッ!


「なんでちゃっかり太鼓までいるんですか…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!