第86話「妾は諦めとうない…!」

「はぁ…」


「どうしたんですか、ハルカさん」


「あぁ、太郎か。妾は様々な試練を乗り越えなければならない予感がしてな」


「試練ですか?」


「封印しようとしてくる魔の手を潜り抜け…」


「ネットを潜るんですね」


「細き生への橋を渡り…」


「平均台を渡る、ということですか」


「輪廻を経た後の重力変化に耐え抜いて走り抜ける必要が…!」


「バットを頭につけて回るんですね」


「その地獄のような試練を人は『聖杯への最終試練ラストトライアル』と呼ぶ…」


「普通に障害物競争ですし、皆が優勝カップを狙ってるだけですよ」


「妾に聖杯は取れるだろうか…?」


「まぁ障害物競争本番で壺を被らなければ、可能性はありますよね」


「妾は諦めとうない…!」


「もしや壺を被る気満々でしたね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!