第85話「綱引きは団体競技なので」

「父さん、今日は何のトレーニングをしてるんですか?」


「見て分かるだろう? …ふんっ!」


「壁に繋がれた綱を引っ張ってますね」


「となると1つしかないじゃないか…ふんっ!」


「まさか綱引きですか?」


「そうに決まってるじゃないか」


「でも綱引きって1本だと思うんですよね」


「これはトレーニングだから多めに引っ張っておかないと」


「綱引きは団体競技なのでたくさんの綱を引いても意味ないと思うんですが」


「まぁやらないよりいいだろ…ふんっ!」


「出来れば山の奥地でやってもらえませんかね」


「なんでだ?」


「さっきから家が少しずつずれてるんですよ」


「あぁ、そんなことか。それなら…ふんっ!」


「まぁ父さんが押したら戻るんですけど」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!