第69話「防災訓練をしましょう」

「今日はとくにすることもないから防災訓練をしましょう!」


「することがないから防災訓練ですか、母さん」


「そうよ?」


「まぁ僕もすることがないのでいいですけど。それで具体的にどうしましょう」


「そうね、保存食とかの非常時用品はちゃんとあるかしら?」


「それについては基本的に僕が買ってるので大丈夫だと思いますよ」


「あら、そうなの?」


「はい、『もしも』が起きてからでは遅いので」


「そうねー、でもすることがなくなったわ」


「じゃあ逃げる練習でもしますか」


「分かったわ、じゃあ逃げる準備を早くしなさい」


「母さんは逃げる準備をしないんですか?」


「私は火をつけてから行くから!」


「いや、そこまでしなくていいですから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!