第70話「100あるうちの1つにすぎん」

 近くの公園を散歩していると、能面が砂山に座っていた。


 なんだろう、見たことある気がする。


「もしかしてハルカさんですか?」


「…姿を変えた妾の存在に気づくとは。妾と契約を交わしただけのことはあるのう」


「いや、ハルカさん制服着てますし、それに被り物といったらハルカさんしか思い浮かばなかったので」


「それで太郎よ、なぜここにおるのじゃ?」


「まぁ散歩ですよ。今日はどうして能面なんです?」


「フッ、妾は姿を変える力を持っておるからな。これも100あるうちの1つにすぎん」


「たくさん被り物持ってるんですね。それでこの前の壷は?」


「妾は闇だけでなく光をもひれ伏せるからの」


「まぁ壷の中は真っ暗ですしね。視界が欲しかったんですね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!