第66話「これが通常運行じゃない」

「結局、壷はとらないんですね」


「まぁよいではないか」


「ハルカさんがパーティに加わったのでよしとしましょう。ユノとソウタは自己紹介したらどうですか?」


「俺はソウタ。好きなものは幼女だ、それさえあれば3杯はご飯を食べれるぞ。よろしく」


「そ、そうか。よろしく頼むの」


「次は私ね、私はユノ。後でーー」


「だそうです。ちょっと変わってますが仲良くしてあげてください」


「…なんで邪魔したのかしら」


「ユノの言うことはなんとなく予想がついたので」


「変なことは言わないわ」


「あ、そうですか、ならどうぞ」


「後で一緒に壷プレイしましょ?」


「変なことじゃないですか」


「これが通常運行じゃない」


「…妾、やっていけるかのう…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!