第50話「どうやら50回を迎えたらしいですよ」

「姉さん、どうやら50回目を迎えたらしいですよ」


「何が?」


「さぁ、なんのことでしょうかね」


「なんのことでしょうかねって…太郎、お前が言い出したんだろ?」


「いや僕が言い出したんですけど、何が50回目なのかはよく分からないんですよ」


「なにそれ、怖いな」


「頭にビビッと来たんですよねー。もしことかしたら大事なことなのかもしれません」


「大事なこと、ねぇ。太郎の大切なものを思い出せばいいんじゃないのか?」


「それは名案ですね…はっ! もしかしたら姉さんにはプリンをとられた数?」


「…ち、違うんじゃないか?」


「あれ、姉さん…何かを隠し持ってません?」


「ふっ、逃げるが勝ちってね!」


「ちょ、待って…って早!? 消えた!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!