第32話「へー」

「お兄ちゃん、今日はどうだったの?」


「あぁ、色々あったよ。姉さんのせいでめちゃめちゃ悪目立ちしちゃうし、商学科じゃなくて冒険科に入っちゃうしさぁ」


「お兄ちゃん冒険科なの?」


「そうなんだ。姉さんの弟ってことで勝手に冒険科の入学試験を受けさせられてたんだよ」


「そ、それで受かっちゃったんでしょ?」


「そりゃあね。姉さんに比べたらそこら辺の人間風情なんかかわいいもんだよ」


 姉さんといつもプリン戦争してたからね。

 本気にさせたら全く敵わないけど、揺さぶりをかけてたらある程度はついていける。


「お兄ちゃんってやっぱり変だね。学校でも目立つに決まってるよ」


「みんなに比べたら全然変じゃないさ」


「へー」


「なんで棒読みなんだい?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!