第30話「僕の同郷の誰かが」

 僕らの高校には冒険科と商学科の2クラスがある。

 そう、普通科なんてものはない。


 そもそもこの世界に学校なんて制度はなかった。

 僕たちの住んでいるジャパニカ王国に10年ほど前に急激に広まり始めた。


 きっと誰かが広めたんだろうね、僕の同郷の誰かが。


 まぁ学校とはいえ大学や小学校は2年制だし、大学にいたってはこの街の1つしかない。

 そこに合格した姉さんって…まぁそれはいいや。


「じゃあ僕は商学科ですから、また放課後に」


「おう」


「じゃあね」


 2人は冒険科だからね。

 僕は危険なこととか無理。


 ーー


 商学科の教室に着いた。

 中に入ると先生に話しかけられた。


「ん? 山田太郎くんかい?」


「あ、はい」


「君は冒険科だよ」


「…え?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!