第29話「姉さんが立ってしまったからなぁ」

「入学式も無事に終わってよかったですね」


「太郎のなかではあれが無事に入るんだな…」


「私が寝てる間に何かあったの?」


「まぁ色々…ですかね」


 そんなに色々とあったわけじゃない。

 僕だけだったらまだ誤魔化せそうだったけど、姉さんが立ってしまったからなぁ。


「姉さんって有名人ですから…」


「去年卒業したばかりだしな」


 そう、姉さんは昨年度に卒業したばっかりなのだ。

 それも学校史上ぶっちぎりの首席で。


 他にも色々と名を知られているため、ちょっとした有名人だった。


「なんで姉さんが尊敬されてるのか分かんないんですけど」


「あら、最近はダンジョンを破壊したらしいじゃない?」


「…まぁ、はい」


 ミネルバがもう1つ壊したなんて言えない…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!