第11話「自動掃除機のルンパ」

「父さん、新しい魔道具を思い付きました」


「お、今回はどんなもんだ?ちょっと話してみろ」


 僕は一応転生者だ。

 技術の発達した世界から来たということもあり、転生前に使っていた家電を魔道具として再現すると飛ぶように売れた。


 まぁ電気ではなく魔力や魔石が原動力なのだが。


 すでに掃除機や洗濯機、クーラー、音響機器などなど…一部は軍事にも利用されたようで、店に偉そうな人が来たこともある。


 それはさておき、今回僕は自動掃除機のルンパを紹介しようと思う。

 意外と使えるし、あれ。


「掃除機の改良で自動型なのですが…こんな感じです」


「おぉ、いいな。名前はどうする?」


「そうですね、ルーー」


「うーん、ルンパとかどうだ?」


「え」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!