第10話「ピンポンピンポンピンポーン」

 ピンポーン。


「姉さん、誰か来ましたよ」


「うん、そうだね。誰か来たね」


 ピンポーン。


「今、家の中に僕と姉さんしかいないんですよ。最年長の姉さんが行くべきでは?」


「私はいずれこの家から出ていく身だからな。跡継ぎの太郎が行く方が無難じゃないかな」


 ピンポンピンポンピンポーン。


「ほら、呼ばれてますよ姉さん。あんなにしつこくてせっかちなんだからきっと姉さんの知り合いの人ですよ」


「いや私の知り合いって、私同様おしとやかな子が多いからさ」


「ダウト」


「あ?いいから出てこいや」


「イェスマム」


 いやー危ない、殺されるところだった。

 冷や冷やしながら僕がドアを開けると母さんがいた。


「引いても開かなくって」


「押すんですよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!