第9話「この家系のネーミングセンスがないだけですがね」

「お兄ちゃんは漢字なのにどうして私はカタカナなの?」


「…どうしてだろうねー」


「お姉ちゃんもだけど、私たちって名前の統一感が全くないよね?」


「それにはね、山よりも深く海よりも高い訳があるんだよー」


 姉さんが会話に入ってきたけど、それ平地やん。

 その通りだよ、大した理由ないよ。


「この家系のネーミングセンスがないだけですがね」


 独り言のように呟くも、姉さんの口から出任せに集中しているミネルバには届かない。


「ーーえっ…お兄ちゃんだけ本当の兄弟じゃないの?」


「おい待った、どうしてそうなった」


「だってお姉ちゃんが、お兄ちゃんは拾った桃から生まれてきたって言うから」


「ちょっと姉さん、だれが桃太郎ですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!