第6話「よし、タカシくん殺すか」

「お兄ちゃん!」


「ミネルバ、どうしたの?」


「今日ね、タカシくんに誘われて遊園地に行ったの」


 よし、タカシくん殺すか。

 内心で思いながらも口には出さない。


「しばらく遊んで最後に観覧車に乗ったんだ!」


「は?殺s」


「どうしたの?お兄ちゃん」


「んー?何でもないよ?」


 危なかった、口に出るところだった。


「タカシくんが突然手を握って好きだって言ってたんだけど、何が?って聞こうとしたら倒れちゃったの」


「ミネルバ、ちゃんと消毒したか?」


「帰ってきてしたけど?それで大丈夫かなって思ってたら、出口にお姉ちゃんがいたの!すごい偶然だよねー」


「そうだな、姉さんにはお礼を言わないとな」


 姉さんはこちらをちらっと見てどや顔していた。

 ナイス、姉さん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!