第5話「釣りに行こう」

「おい太郎、釣りに行こう」


「姉さんとですか?いいですけど準備は?」


「大丈夫だ。よし、行くぞ」


 姉さんの大丈夫は大丈夫じゃないから、心配してるんだが。


 結局僕はなんの準備もせずに姉さんの魔導バイクに乗せられる。

 姉さんはいきなりエンジン全開にし、後ろの僕は危うく落ちかけた。


「危ないじゃないですか!」


「まぁまぁ掴まってな」


 ーー


「あの、いくら姉さんの魔力が底無しとはいえ、すでに3時間も全速力ですよ?」


「ん?まだ1割も減ってないぞ?」


「化け物ですか」


「?」


 姉さんは当たり前みたいな顔してるが、普通の人は1時間が限界だろう。


「ところでまだ着かないんですか?」


「うん、あと3時間ぐらい」


「帰りましょう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!