えっ。何それ、お前デレてんの?

「……よし。大体こんなもんかな」


 翌日の朝。アルマンデ大陸の北西にある港町を訪れたシイガは、市場の青果店で買いそろえた野菜を袋ごと異空間にしまった。


 後ろを振り向き、呼びかける。


「悪い。待たせた――」


「ねえ、君。ここには一人で来たの?」


「可愛いね! もし良かったら、僕らと一緒に回らない?」


「ん?」


 シイガの位置から少し離れた後方で、二人の若い男たちに絡まれている女性が一人。

 黒い丈長のワンピースドレスを身にまとった女性は、可憐な容姿に似つかわしくない剣呑な目で男たちを睥睨し、


「なんだ貴様ら。消し炭にするぞ?」


「消し炭? あはは! 君、おもしろいねえ~。消し炭にはされたくないけど、近く

に美味しい屋台があるんだ。炭火で焼いた串焼きの……」


「ほう? 案内するが良い!」


「待て待て」


 シイガは駆け寄り、女性の肩をつかんだ。


「チョロすぎだろお前。食いもんに釣られんな!」


「……む。どうした、嫉妬かシイガ? 我が他の男についていこうとするから……」


「ちげえよ。誰がおめえに嫉妬するかよ。俺以外の奴が作った料理に、ホイホイ惹かれてるんじゃねえって言ってんの」


 絶対、俺の方が美味いし! などと張り合うシイガに、女性が呆れる。


「なんなのだ、その嫉妬の仕方は……まあ、良いではないか。特に期待はしておらん。試しに食べてみるだけだ。我を満足させるような味でなければ、消し飛ばす。この男らと、店ごとな?」


「やめろ」


「あるいは街ごと――」


「物騒なこと言うんじゃねえ、ルイーナ!」


 シイガは思わず声を荒げて制止した。

 二人のやり取りを見た男たちが顔を見合わせ、すごすごと立ち去っていく。

 その後ろ姿を見送りながら〈魔王〉ルイーナが鼻を鳴らした。


「……ふんっ。男連れだとわかり、去ったか。痴れ者め」


「いや、あんたがやばい奴だと悟ったんだろ……」


 賢明な判断である。痴女みたいな服装をやめ、清楚な町娘を装ったところで、魔王は魔王だ。関わらないに越したことはない。


「それで? 買い物は済んだのか」


「おう。バッチリだ」


「よし、ではもう滅ぼしても良いな!」


「いいわけねえだろ!?」


「……なぜだ? 良かろう」


「だめだ! 今日ストックしたものが切れたら、また買いに来る。これから何度も利用すんだから、潰すな。俺の料理が食えなくなっちまってもいいのか?」


「むう……」


 ルイーナがむくれ、唇を尖らせる。

 というのも、ルイーナは流通の要所であるこの港町を滅ぼす気まんまんであり、前々から目をつけていたらしいのだ。


 ルイーナはしばし多くの人々でにぎわう市場をにらみつけていたが、シイガの言葉で思いとどまったのか嘆息し、出口へ向かって歩きはじめた。


「……やむを得ん。美味い料理を食するためだ、攻め落とすのは先延ばしにしておいてやる。その気になればこの程度の街、いつでも壊滅させられるしな」


「まじかよ。俺の料理が街を救っちまった……やっぱチョロいな、魔王さま」


「おい」


 紫色の半眼が、シイガにじろりと注がれる。


「魔王と呼ぶな。ルイーナと呼べ」


「……へいへい」


 肩をすくめて歩き出し、隣に並んだ。


「『城の外では我の正体がバレぬよう、魔王ではなくルイーナと呼ぶがいい』だろ? わかってる。城に着くまではそうさせてもらうよ」


 シイガが口調を真似しながら言うと、ルイーナは不機嫌そうに顔をしかめて、


「別に、ずっとその名で呼んでもらっても構わんのだが……」


「えっ。何それ、お前デレてんの?」


「デレとらんわいっ!」


「あっそ。別に、どうでもいいけどな。魔王なんかに好かれても嬉しくねえし、迷惑なだけ――ぐふっ!?」


「魔王と呼ぶなと言ったはずだが」


 腹に手刀を突き入れられて崩れ落ちるシイガを、ルイーナが見下ろす。


「また失言をするようなことがあったら、首の隷呪で屈辱的な思いをさせるぞ駄犬?我の足を舐めさせてやる」


「死んでも嫌だ」


 俺、美味いものしか口にしたくねえし――とぼやいている途中で、横っ面を蹴り飛ばされた。隷属魔法で弱っているのか、やたらと痛い。


 派手に吹っ飛び、石だたみを転げるシイガに、道行く人の視線が集まる。


「なら、死ぬか?」


 シイガを見やる魔王の目は本気マジだった。シイガの首を絞めるようにして右手を掲げ、背筋が寒くなるような薄ら笑いを浮かべている。


「……いえ。結構です、ルイーナさま」


「肝が大きいのか小さいのか、よくわからん奴だな。ころころ態度を変えよって」


 ――あんたこそ、と心の中でツッコんだ。

 微笑ましくて親しみやすいと思ったら、魔王らしい恐ろしさをのぞかせたりもする。


 だからシイガも対応に困るというか、油断するとつい緊張感を失くしてしまうのだ。相手が自分の命や、この世界を脅かしている存在だということも忘れて。


「ふんっ……まあ良い」


 シイガが微妙な顔をしていると、ルイーナも微妙な表情になり、腕を下ろした。髪を払って踵を返す。


「帰るぞ。そして料理を作れ。貴様の存在価値は結局、料理それだけなのだから」


「待てよ、ルイーナ」


「なんだ?」


「まだ帰らねえ」


「……なぜだ。買い物はもう済んだのだろう?」


「ああ、買い物は終わったよ。けど……」


 眉をひそめるルイーナに、シイガは立ちあがりつつ答えた。


「一番大事なものを手に入れてねえ。俺の料理に使うメイン食材は『魔物』だからな。食事の前に、ひと狩り行こうぜ?」


                 ◆ ◆ ◆


いかずち


 魔王の手からほとばしった黒雷が宙を切り裂き、魔物の体に突き刺さる。

 次の瞬間、額に角を生やした兔の魔物――アルミラージはバリバリバリッと感電し、真っ黒焦げの消し炭と化してしまった。


 魔物に手の平を向けたまま硬直するルイーナに、シイガは笑顔で言ってやる。


「お疲れ。すっ込んでていいぞ」


「なっ!? ま、魔王の我に命令するとは……何さまのつもりだ、貴様?」


「……あのな、俺は食材を獲りに来てんの。炭を作りに来てるんじゃねえ……力加減ができねえんだったら、手出ししないでもらえねえかな。邪魔だから」


「邪魔……」


 にべもなく一蹴されて、ルイーナがショックを受けた。

 魔王の魔法を喰らった魔物は見るも無残な焼死体と化し、プスプス煙をあげている。これでは、まったく使いものにならない。


 港町から転移魔法で移動し、森を訪れてしばらく。これまで既に十匹以上の魔物が、ルイーナの手で炭へと変えられていた。シイガは深々と溜め息を吐き、


「もういい、後は俺がやる。あんたは大人しく――」


 刹那。虚空に手を突っ込んだルイーナが素早く何かを抜き放ち、シイガの顔目がけて投擲してきた。


「ひっ!?」


 黒刃が頬をかすめる。恐る恐る振り返ってみれば、背後にある木の幹に巨大な包丁が深々と突き立っていた。


「こ、こいつは俺の――あだっ!?」


 後頭部に硬いものがぶつかる。金剛鉄アダマンタイトの丸底鍋だった。


「おいこら、てめえ! なんてもん投げつけんだよ、殺す気か!?」


「我を『邪魔者』呼ばわりした罰だ」


 ふてくされるように呟いて、ルイーナが顔を背ける。その足元に、白く輝く魔法陣が浮かんだ。


「帰る」


 吐き捨てた直後、魔法陣が輝きを増し、目を覆わんばかりの光があふれる。その光が収まってから瞼を開くと、ルイーナの姿は跡形もなく消えていた。


「……まじかよ」


 自分だけ、転移魔法で戻りやがった。と、いうことは――


「俺、自由の身じゃね?」


 シイガにかけられている隷属魔法は、確か『隷呪が効果を発揮している限り、魔王が力を込めて言い放った命令に逆らうことはできない』というようなものだったはず。


 つまり魔王の言葉が聞こえなければ、問題はない。


 呪印自体は残ってしまうが、厄介なのは能力の低下だけだし、時間をかければ解呪の手段も何かしら見つかるだろう。


「よし。逃げるか」


 魔王が戻ってくる前に。もし追いつかれても、魔物を狩るため場所を移動しただけだとでも言えば、うまく誤魔化せるはず。


「あばよ、ルイーナ……二度と会わないことを祈るぜ」


 幹に刺さった〈竜切り包丁〉を抜き、地面に転がる丸底鍋を拾いあげると、シイガは森の奥へ歩を進めた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!