二皿目 こだわりの厳選食材

なあ、魔王さま……お願いがあるんだけどさ

「美味あああぁ――――い! な、なななななんだこれはあ!?」


 スプーンを握りしめた魔王が、高らかに叫ぶ。

 魔王城の中庭。今日も今日とて真っ赤なクロスが敷かれた一人用のテーブルにつき、食事を愉しむ『ご主人さま』に、シイガはにやりと笑って答えた。


「シチューだよ」


「しちゅー?」


「ああ。黒竜の舌で作った〈竜タンシチュー〉だ。七日前、ローストドラゴンの次に竜挽き肉のハンバーグを作ってやったのは覚えてるよな?」


「うむっ、はっきり覚えておるぞ! ほぐれるような食感といい、洪水のごとき肉汁といい、ドロドロした茶色いソースとの相性といい、実に美味だったからなあ……む? そういえばこのシチューとやらの味、あのとき食べたソースの風味に似ているような。はてさて、あれはなんと言ったか……デ、デ……」


「デミグラスソース」


「それだ、それに似ておる! 似ておるが……はむっ。こころなひか、あのほひよりもふかみがまひておるひがふるな」


「食うかしゃべるか、どっちかにしろ! だけどまあ……深みが増してるっつうのは、悪くねえ感想だ。あれからさらに七日間煮込んで、丹念に仕込んだからな。竜タンも、とろけるみてえに柔らかくなってる」


「うむ。驚くべき柔らかさよな……あむっ。かまなくへも、ひたのうえでかっへにとけへなくなるっ!」


「食いながらしゃべんなっつーの」


 シイガの注意が聞こえているのか、いないのか。魔族の女王には似つかわしくない、とても幸せそうな表情で「美味い美味い」と漏らしつつ、魔王がシチューを食べ進めていく。それを眺めて、シイガも思った。幸せだ、と――


「はっ!?」


 我に返った。


(……いかんいかん。何ほっこりしちまってんだ、俺! 相手は、魔王――俺をぶっ殺そうとした挙句、無理やり従わせてきた傍若無人オンナだぞ!? 惑わされんじゃねえ、シイガっ! ま、惑わされるんじゃ……)


「おかわりだ!」


「え? まだ食うの?」


「うむ。貴様の料理は大変美味であるからな! これっぽっちでは満たされん。いくらでも、いつまででも食べていられる」


「ん……そ、そうか? へへっ」


 頬が自然とにやけてゆるむ。ニヤニヤしながら空の器を受け取って、火にかけてある寸胴鍋から追加のシチューをたっぷり注いだ。


 丹精込めて作った料理を褒められ、美味しく食べてもらえるというのは、シイガたち料理人にとって最高の――


「……って、だからあああ!」


 勢いよく首を振り、芽生えた邪念を振り払う。シチューを受け取ろうとしていた魔王が「ぬおおっ!?」と器を取り落としかけた。


「バカ者っ! 危うく料理が無駄になるところだったぞ、気をつけろ!」


「す、すまん……」


 憮然と食事を再開する魔王に謝り、シイガは溜め息を吐く。

 魔王の城に来てから七日、思えばずっとこんな調子だった。一日一回、魔王に料理を作ってやるのが、シイガの主な仕事なのだが……。


(……めちゃくちゃいい食いっぷりなんだよなあ、こいつ)


 ローストドラゴンからはじまり、竜挽き肉のハンバーグ、直火で炙った竜カルビ丼、霜降り竜肉のシャトーブリアンステーキ、さっくり揚がった赤身肉の竜カツ、あっさり風味の竜肉じゃが、数種類の内臓を使用した竜もつ煮込み……と、黒竜の肉であれこれ作ってみた結果、魔王は全部気に入ってくれ、ほとんど一人で平らげていた。


 おかげで、シイガもつい張り切ってしまい『今度は何を作ってやろう』とか『どんな料理で驚かせてやろう』とか、そんなことばかり考えていて、気がつけばなんとなく、今の立場を受け入れはじめてしまっていた。


 ――このままでは、まずい。


「なあ、魔王さま……お願いがあるんだけどさ」


「ぬ? なんだ?」


「街へ行かせろ」


「だめに決まっておろう」


 即答される。


「逃がさないと言ったはずだが? 逆らうのなら――」


「待て待て、逃げようってわけじゃない! 食材を仕入れたいんだ」


 不穏な気配を発する魔王を制し、シイガは続けた。


「野菜とか調味料とか、料理に使う材料がぼちぼち切れかかってるんだよ。竜肉はまだ余裕あるけど、色んな食材があれば料理の幅も広がるし。もっとたくさん美味い料理を食わせてやれると思うから」


「ふむ……」


 魔王が顎に手を当て、目を伏せた。沈黙の後、首肯する。


「良かろう。ならば明日にでも、我と出かけることにしようか」


「よっしゃあ!」


 シイガはガッツポーズをして喜びながら、内心『してやったり』とほくそ笑む。

 魔王城から逃げ出す際に最も大きな障害となるのは、次元の穴とアビス海――凶悪な海の魔物が巣食う大海原だ。つまりそれさえ乗り越えられれば、逃げ出す機会はいくらでも――


「ああ、そうそう。念のため忠告させてもらうが、城の外に出たからといって妙な気を起こさぬ方が身のためだぞ?」


「え? ははっ、何言ってんだよ。起こすわけねえだろう? 俺は食材を手に入れたいだけなんだから……」


「ならば良い。貴様の首には、我の隷属魔法〈スレイヴリング〉が刻んであるからな。その呪印が効果を発揮しておる限り、我が力を込めて言い放った『命令ことば』に逆らうことはできんし、体力・筋力・魔力・生命力なども著しく低下しておる――くれぐれも、我に刃を向けようなどとは思うなよ?」


「…………は?」


 慌ててスカーフをほどき、首を触って確かめてみるが、違和感はない。シイガが狼狽していると、魔王がどこからともなく手鏡を出し「ほれ」と向けてきた。


 鏡面に映る首には毒々しい紫の術式が絡みつき、脈打つように発光している。


「なっ!? いつの間に、こんなもん……」


「貴様を城に拉致したときだ。抵抗されても面倒だからな。あらかじめ、首輪を嵌めておいたのだ」


「て、てめえ……っ!」


 歯ぎしりしてにらむシイガに魔王が笑い、鏡をしまった。


「ふふっ、案ずるな。隷属魔法はただの保険だ。滅多なことで発動させる気はないよ。我は心優しき魔王ゆえ――」


「……極悪非道な痴女魔王だろ」


 ぼそっと悪態を吐く。魔王の眉がピクンッと跳ねた。


「黙れ」


 魔王が低い声で命じる。それに対して、言い返そうとするシイガだったが――


「……っ!?」


 声が出せない。というか、口が動かない。開こうとする意思に反して、シイガ自身の唇は、ぎゅうっと引き結ばれたまま。

 シイガの額に汗がにじんだ。魔王が嗤う。


「思い知ったか? これが『隷呪』の効果だよ。貴様は、我に逆らうことができない。黙れと命じられれば黙るし、死ねと命じられれば死ぬ。必ずな?」


 ふざけんなっ! と叫びたかったが、無理だった。唇が、言うことを聞かない。


「しかも呪印は貴様自身の魔力を糧として、永久とわに発動し続ける。自然に消えることはない。解呪するのも困難だろう。つまり貴様は――」


 魔王が優雅にスプーンを取る。冷や汗を垂らすシイガを満足げに眺めつつ、


魔王城ここで働き続けるしかない。余計なことは考えず、ただ美味い料理を作ることだけ考えていろ……我が貴様に望んでいるのは、それだけだ」


 そう言うと、再びシチューを口に運んだ。腹が立つほど、美味そうに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!