箸休め 異世界からの侵略者

 聖暦一八九二年、四の月二十六日。


 アルマンデ大陸の南に位置する〈アラン公国〉の首都〈デュークス〉が魔物の大群による襲撃を受け陥落したのは、わずか一夜の出来事だった。


 魔物。有史以前から世界に生息していたとされる、危険で獰猛な害獣。


 しかし、所詮は『ケダモノ』だ。


 魔物の中では賢い部類に入る亜人種、リザードマンやオークなどでも知能はせいぜい人の赤子並みである。

 だから、人々の生活を脅かすことはあっても、世の平穏を揺るがせるほど凶悪な存在ではない。


 ――そう見なされていた。


 種類も生息地もバラバラな魔物が何百匹と団結し、押し寄せてくるときまでは。


 デュークスを攻め落とした魔物は、ただの『群』ではなかった。


 人と魔物を混ぜ合わせたような見た目に人と変わらぬ高度な知性、意思や感情までも備えた未知の魔物が率いる『軍』だったのだ。


 この世界とは異なる次元に文明を持ち、言語を解し、強力な魔法を思いのままに操るその魔物は自ら〈魔族〉と名乗り、各国に宣戦布告した。


 かくして、人と魔族による世界規模の戦争〈人魔大戦〉の幕は、切って落とされたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料