裸婦

作者 市來 茉莉

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

ある日、街でとても気になる女を見かけた画家の男。
普段はありきたりな主婦として生活していた彼女なのに、その日は非日常的な何かを放っていた。

芸術としての裸婦画を描くということはどういうことなのか。男と女が裸で向き合うとき、動物としての感情や、人としての恋心、愛情、嫉妬、様々な感情が、女に秘められた本当の美を求める男の前に立ちはだかっていく。
女性の美とは何なのか、その奥行きの深さと、それに惹かれ追い求めれば求めるほどに惑わされていく人間の業の深さと、そういった難しい問題を実に生々しく描ききった、魅惑的なのになんとも清々しい作品です。

あなたもこの作品を通して、芸術とエロスの魅惑を感じてみませんか。