ミ キ 依存する少女

 たっくんが、もどってきた!

 たっくんが、いなくならなかった!


 でも、たっくんは、ずーっとねてる。

 ミキがよんでも、ずーっとねてる。


 むかしも、ミキのことをしらんぷりするゲームをしてたけど、それじゃないようなかんじがする。


 たっくん、おきて。

 たっくん、めをさまして。

 たっくん、ミキとあそんで。

 たっくん、イイコトして。

 たっくん、いっしょにわらって。

 たっくん、たっくんだいすき……。


「ミキ、たっくんたっくんうるさいぞ」


 ぐーたぁにおこられた。

 ぐーたぁ、ミキがかんがえてることわかるんだね。

 すごいなー。


 ・


 たっくんが、しゅじゅつした。

 しゅじゅつしたら、たっくんがおきるんだって!


 はやくおきて、ミキとあそぼう。

 ミキ、たっくんといっぱいいっぱいあそびたい。

 ミキ、ずっとたっくんといっしょがいい。


 たっくん、はやくおきて。


 ・


 たっくんが、おきない。

 たっくんが、うごかない。


 たっくんが、へんなくだでいっぱいつながれてる。


 テレビのなかのひとみたいになってる。


 なんだか、いやなかんじがいっぱいする。

 このままずっと、おきないかんじがする。


 デュラれもん、たすけて!


 ミキのいのち、あげます。

 ミキのぜんぶ、あげます。


 たっくんが、おきるアイテムをだしてください!


 おねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいしますおねがいします……。


「ミキ……」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます