いもーとられ編

ぷろろーぐ いもーととの日々

 僕の幼馴染であるおねーちゃん、タマキィー・アスナトリアがオナペ王国の英雄になって、1年が過ぎようとしていた。

 あれから僕といえば、おねーちゃんのような立派な騎士になれるよう、日々鍛錬にいそしんでいる。

 おかげで最近は家のことがおろそかになってしまい、妹のキリノ・ネーコにどやされる毎日だ。

 彼女は僕よりも小柄で、腰まで伸びる髪はすごくきれいで、胸が小さいことと、そばかすを気にしているらしい可憐な女の子だ。

 彼女の髪を括る藤色ふじいろのリボンは、僕がキリノの誕生日に贈ったものだ。どうやら気に入ってくれたらしく、以来毎日、欠かさずに使ってくれている。

 姓名が違うのは、父さんと母さんが再婚で、彼女は母さんの連れ子だったから。

 でも、世話焼きで生真面目な彼女は、すぐに僕と打ち解けてくれて、いまでは本当の家族のように思っている。

 すくなくとも、僕は一方的に。



◎◎



 冬のある日のことだった。

 僕の家を訪ねてくるひとがあった。

 応対に出たのはキリノだった。


「こんにちは」

「……どちら様ですか?」


 彼女は少しいぶかしむような対応をした。

 初めて会うひとだったから……だけが理由ではないと思う。

 なにせそのひとは、非常に鍛えられた肉体の持ち主で、顔には新型の遮光魔導バイザーを装着していたからだ。

 ありていにいえば、怪しい雰囲気の人物だった。

 だから、キリノは睨むような目つきで彼を見ていたのだけれど、やがてそのひとはにっこりと笑い、


「わたくし、国家騎士審査委員会から来ましたカラメー・テーデネ・トリーマンと申します」


 と、言った。

 僕は飛びあがらんばかりに驚いて、慌てて妹を押しのけた。


「ちょ、兄さん!?」

「違うんだ、キリノ! このひとはね──このひとを、僕はずっと待っていたんだよ!」


 そう彼こそ、僕が待ち望んだ人物だった。

 あの日から、タマキィーおねーちゃんが英雄になった日から、僕は騎士になることを夢見てきた。彼女の横にもう一度並びたいと、必死になってきた。

 だから、ずっと王国に申請手続きを送っていたんだ。

 騎士には、才能がある者しかなれない。

 ほとんどの場合、それは王国の占術魔導士が素質あるものを見抜いて、スカウトを派遣する。

 そうやって選抜された秀才のみが騎士になることを許される。

 だけれど例外もあって、自薦も権利として許されているんだ。

 それは、とても狭き門だけど、このひとが──大英雄にしておねーちゃんの師匠、キーチ・クネ・トリーマンさんの弟であり、占術魔導士として名をはせるカラメーさんが直々に来てくれたということは!


「そうですよ、さすが察しがいいですね、モーブくん。きみは、合格したんです」


 彼は笑顔でそう言ってくれた。

 僕は踊りだしてしまいそうなぐらいに喜んで、


「ただ、少々問題がありまして……」


 カラメーさんは、申し訳なさそうな顔で、こう言ったんだ。



「ご家族の資質も、確認させて貰ってよろしいでしょうか?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る