十話 長い一日の終わり方

「あー、美味しかったっ!」

「け、汚された……」


 ベッドに横座りし、満足げに唇をぺろりとする光理みこととは対照的に、俺はシーツに包まりながらさめざめと。


「……失礼だなあ、ヨースケは」


 そんな姿を心外そうにぼやかれるのだが、俺には怒る気力すらなかった。


 幼馴染による吸血行為はたっぷり十分ほど。

 その間、一方的な抱擁はずっと続いていた。


 ……肉付きは薄く、華奢ではあるものの、その身体の性別は間違いなく少女なわけで。


 こちらからも強く抱きしめ、その柔らかさを存分に味わいたい――。

 中身が光理だとわかっていても、そんな衝動に駆られたのは一度や二度じゃない。


 それでもなんとか踏みとどまれたのは、直前に『これから光理とどう付き合っていくか』を考えていたからだろう。


 あくまでも同性の親友として、傍にいてやりたい。

 そのためにも、俺が変なことをして、光理を傷つけるわけにはいかなかった。


「……というか、なんで腕じゃ駄目だったんだ? 血なんて、何処で吸っても変わらないだろ」


 ちょっとした気まずさを払拭するためにも、むくりと起き上って尋ねてみる。

 ちょうど、光理の隣に座る形だ。


「んー。そういうわけでもないんだよね。さっきも言ったけど、なんで血を吸うのかといえば、含まれてる魔力目的だからさ。脳に近い部位であればあるほど、効率が良くて美味しいっていうか」


 ……どうやら先ほどの行動は、吸血鬼の本能に身を任せた結果らしい。

 だから、悪気はないんだろうが……。


「……次から、さっきの吸い方は禁止な。腕で我慢すること」


 毎回毎回これでは、俺の神経がすり減ってしまうのできつく言い含めておく。


 すると、ぐぬぬと唇を尖らせる光理。

 その上、


「むぅ……ヘタレめぇ……!」


 と怨嗟の声を上げていた。


 そこまで首筋からというのは格別なんだろうか。

 まあ、無理強いするつもりはないようで、渋々とだがこくんと頷いてくれたのはありがたい。


「わかってくれると助かる」

「……僕がここにいられるのは全部ヨースケのおかげだからさ。本気で嫌がることはしないよ。美味しいご飯にあったかい寝床、それにお父さんたちのことの恩は絶対に忘れないよ?」

「それは嬉しいんだが……。ちょっと大袈裟じゃないか?」

「ううん。だって、行き場がない以上、落ち着くまで山奥に引き籠るしかないと思ってたもん」

「山奥?」

「うん。誰も来ないような、ずーっと辺境の方。そこで、クマとかサルの血を吸って生きておこうかなって」


 なるほど。

 奇しくもその言葉は、先ほどから抱いていた疑問の回答で、俺は心の中で頷いた。


 それは『何故、光理は男――要するに俺だ――に平然と噛みつけるのか』というもの。


 兄弟同然に過ごしてきた幼馴染で、それ以外に選択肢はないとはいえ、少なからず嫌悪感は覚えているはず。

 腕を噛みつく場所として提示したのも、元はといえばその軽減も考えてなのだ。


 だが、ようやく合点がいった。


 ――比較対象が、野生動物なのだ。


 毛深くて泥まみれで、ノミなんかがいっぱいいてもおかしくないやつ。

 それに比べたら俺なんてずっとマシで、だから気にせず噛みつけるに違いない。


「にしても、サルとクマ……か」


 呟きと共に脳内再生されたのは、目の前のニコニコした銀髪の少女が、口にサルを咥えて、逃げ惑うクマを追いかけまわしている姿。

 ……中々凄まじい光景だった。


「……なんか、馬鹿なこと考えてない?」

「いや、そういうわけじゃないが」


 野性的な勘で感づかれたのか問い詰められるのだが、素知らぬ顔でやり過ごす。

 もっとも、考えてたことなど光理にはバレバレのようで、じっと睨まれてしまう。


「言っておくけど、僕が使えるのって回復魔法だけじゃないからね。火を起こすぐらいなら簡単だし、ちょっとした応用で電気も作れちゃう。流石にヨースケが考えてるような、原始的な生活を送るつもりはなかったよ」


 そして、それだけ言って、ふと気が付いた顔に。


「良く考えたら、そこには試験もなんにもないパラダイスがあったんじゃ……?」

「おいおい……」


 擁護しておくと、光理は勉強が苦手なわけではなく、出来はするものの面倒くさくて仕方がないタイプ。

 その証拠に、テスト前などは俺に勉強を――渋々ながらも――教えてくれていた。


 だとしても、流石に怠惰すぎるだろう。

 ついつい苦笑してしまうのだが、おかげで思い出したことがあった。


「そういえば、光理は学校どうするんだ?」

「あー、確かに……」


 失踪してしまった以上、光理は中学校を卒業できていない。

 かといって、姿どころか性別まで変わってしまった今では復学も難しいだろう。


 俺としての意見を述べるなら、勉強だけじゃなく、新しい友人を作るためにも学校に通うべきだと思うんだが。

 当の本人に気にした素振りはなく、


「……ま、いっか。多分、なるようになるって。それに、僕はこのままでもいいしね」


 と、ベッドにごろんと寝転がってしまう。


「……そのあたりは追々、母さんたちと一緒に考えるか。今はまだ、夏休みなんだし」

「でも、それもあと二週間ぐらいしかないけどねー。ところでヨースケ、きちんと宿題やってるの?」

「……ぐっ」

「うわー、大変だね。僕はそういうの関係ないから……頑張って!」


 苦悶の表情を浮かべれば、ニカリと白い歯を輝かせ、ぐっと親指を立ててくる光理。


「他人事だと思って……!」

「あはは! じゃ、おやすみ!」


 続けて一しきり笑うと、起き上がり、部屋から去って行った。


 ……一人になった途端、なんだかやけに部屋ががらんとして感じられる。

 別に、普段は広くて仕方がないというわけでもないのに。


「……寝るか」


 なので、俺は一人ごちると、今度こそ床に着いた。

  

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

異世界から帰ってきた銀髪吸血姫との、より良い関係の築き方 ぽち @teriyakiakira

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ