九話 滾る血液の吸われ方

「じゃあ早速……!」


 余程飢えていたらしい。

 ドアをぱたんと閉めた途端、光理は犬歯――というよりは牙か――を剥き出しにするのだが、俺は手で『待った』をかける。


「すまん。血を吸う前に確認しておきたいことがあるんだが、少しいいか?」

「……何?」


 返答は、この姿になってからのソプラノより低音で。

 目が座っていて、少し、怖い。


 まあ、念願のブツを前にお預けにされたのだから、当然の反応なのだろう。

 とはいえ、こちらも怯えているわけにもいかないので、毅然として疑問をぶつけることにする。


「いや、お前に血を吸われた場合、俺も吸血鬼になるんじゃないかと気になってな」


 往々にして、こういうのは吸血鬼同士では血を吸えないのがお約束。

 実際、先ほど光理は吸血鬼は体内で魔力を生成できないと言っていたし。


 だとしたら、血を与えるという誓いは最初の一回で破綻するんじゃないだろうか。

 今更ではあるが、俺はその問題に気が付いたのである。


 しかし、光理といえば、『なんだそんなことか』とばかりに肩を竦めるだけ。


「それなら問題ないよ。だって、普通に血を吸うだけじゃ吸血鬼にならないもん。イメージとしては、魔力を吸うだけじゃなく送り込んで、手間暇かけてじっくりじわじわ改変する……みたいな?」

「そうなのか?」

「考えてもみてよ。じゃなきゃ、世界中に吸血鬼が増えすぎて飢え死にしちゃうでしょ」


 ……なるほど。


 もし、血を吸われて確実に吸血鬼になるのであれば、ネズミ算で数が増加する。

 逆に人間は数が減り続ける一方だ。


 食物連鎖として考えて、これほどバランスが悪いケースもないだろう。


 言われてみれば腑に落ちて、自然とこくりと頷いた。


「まあ、眷属にしても血を吸う方法もあるけど……。僕は無理やりにヨースケを『血奴隷サーヴァント』にするつもりはないし、安心していいよ」


 だが、最後の単語は耳慣れないもので、ついそちらの方に意識がいってしまう。


「『血奴隷サーヴァント』……?」


 ――サーヴァント。


 確か、英語で召使とかそんなだったはず。

 光理の雰囲気からして、吸血鬼に置いては別の意味合いがあるらしく、正直、かなり気にはなるのだが――


「がるる……」


 質問をかき消すように光理が唸りを上げる。


 ……まあ、質問は一つだけという約束だし、これ以上待たせるのもこくな話か。


 なんか、空腹の余り、吸血鬼というより狼男――いや、女か? ――みたいに野生化してしまっているし。


「なら問題ないってことでいいんだな。……待たせたな」


 なので、俺はベッドに腰掛けると、光理に向けて左腕をずいと差し出した。


 そのまま目を瞑る。

 感覚的には、採血で注射針を待つのに似ているか。


 逃げも隠れもしない。

 ささ、ぐぐっと行け。


 ちょっとした開き直りも含めた、そんな心持である。

 

 ……しかし、決意に反して、いつまで経っても鋭い痛みは襲ってこない。

 何か身じろぎの音がするだけだ。


 まさか、もう噛みつかれてるんだろうか?


 蚊は針を突き刺したとき痛覚を麻痺させるというし。

 口にしたら多分光理は怒ると思うが、吸血鬼も似たようなものなのかもしれない。


 なんとなく所在なさげで、恐る恐る目を開ける。


 すると、眼前に押し迫る様にして、ピンク色の薄布が。


「は……?」


 ……確認するまでもない。

 光理の着ているパジャマだった。


 勿論服だけじゃなく、きちんと中身・・も入っていて、そのまま覆いかぶさられるような体勢になる。


 ボタンを緩められた胸元から覗くのは、火照った真っ白な膨らみ。

 角度的に、色の異なる先端までも見えてしまいそうで、心臓がドキリと跳ねた。


「な、何をしているんだ?」


 目を背け、尻もちに似た姿勢のまま後ずさって問いかけるものの、光理は答えない。

 二人分の体重をかけられ、ベッドのスプリングがギシギシと音を立てるだけだ。


 俺の背中へと、すらりとした手が回される。

 逃れようとするよりも早く、抱きしめられる形になってしまっていた。


「お、おい。答えろよ……」


 無警戒にしな垂れかかってくるその姿に、詰問は厳しめに。

 もっとも、その声が上ずっているのは隠しようもなくて、我ながら何とも情けない状況だった。


 ……風呂上りだからだろうか。


 ほんのりとした温もりを帯びた身体と、どうしようもなく心を掻き乱す甘い芳香。

 そして、それぞれの纏う布きれ一枚越しに伝わってくる柔らかな感触――。


 無理に離れたくない。

 そんな思考に溺れそうになるぐらい、気持ちよかった。


「う、うわっ」


 ……迷いで隙を見せたのがいけなかった。


 間隙を突くように、光理は首筋をぺろり。 

 熱を持ったその一舐めは完全に不意打ちで、へなへなと腰が抜け、抵抗しようという気力が一撃で持って行かれてしまう。


「くっくっく……」


 耳元で囁かれるのは、なんというか悪役染みた笑い声。

 それも、無抵抗な相手をいたぶるのが大好きなタイプの。


「いっただっきまーす!」


 結局、押し切られるまま、首筋に牙が突き立てられ――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます