藤裏葉 その四

 夕暮にかけて皆帰る頃、桜の花が一斉に咲き乱れ、夕霞があたり一面におぼろに立ち込めた。その風景に内大臣は昔を思い出し、優雅に歌を口ずさみながら辺りを眺め、思いにふけっている。夕霧の中将も心に沁みる夕暮の風景にとてもしんみりして、



「雨になりそうだ」



 と、人々がざわめいているのも気にとめず、やはり自分ひとりの思いにひたっている。


 その様子を見た内大臣は、ふっと心にときめくものを感じたのか、夕霧の中将の袖を引き、



「どうして、そんなにいつまでも私をお責めになるのです。今日の法事は大宮のためと思ってくださればその血縁の深さに免じて私の罪はもう許してくださいよ。余命も少なくなっているこの年寄りをお見限りなさるとは、お恨みに思いますよ」



 と、言うのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます