日露戦争後日本が大陸利権を売り払っていたら?

作者 うみ

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ノートの向こうの〈中の人〉とお話しを預言者がします。

「〈向こうの人〉は、こんなに詳しいなんて、真なり。言う事聞いて損は無し」

ぐらい真面目に思った。

預言者は、気軽でしたが。

何と預言者の父は賢者として、ある事をします。

新聞のくだりも面白いと思いました。

作者の歴史の知識に脱帽です。

おすすめです。

★★★ Excellent!!!

非常に面白いです。
確かに歴史の転換点は日露戦争の終戦協定に有ったんでしょうね。私は、第一次世界大戦のピーク時に売り抜けるのが最善だよなと、後知恵で考えていましたが、あそこまで高値となれば当時の国民が許さなかったでしょう。退き際は確かに日露戦争ですね。
これって、「紺碧の艦隊」みたいな歴史空想物語として仕立てては如何ですか?面白くなると思いました。作者の書き易い10万字程度であれば、明治天皇崩御辺りまで。どうせ、その後の日華事変や太平洋戦争は起きないですしね。
短編にはMAX2つが信条なんですが、星3つ付けました。知的好奇心を満たせる作品をありがとうございました。